研究者詳細情報
氏 名 辻 幸臣 ふりがな つじ ゆきおみ
英文名 TSUJI Yukiomi 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL FAX
職 名 講師 学位・資格 博士(医学)(2001年03月)
医師(1992年06月)
日本内科学会専門医(1997年09月)
日本循環器学会専門医(2000年04月)
E-mail
Homepage
学歴 1992年03月 金沢大学医学部卒業
2001年03月 名古屋大学医学研究科博士課程修了
職歴 1992年05月~1994年05月 名古屋第二赤十字病院 研修医
2001年08月~2002年07月 オランダ・ユトレヒト大学医療センター 客員研究員
2002年08月~2005年03月 カナダ・モントリオール大学 心臓研究所病院 ポストドクトラルフェロー
2006年03月~2007年03月 名古屋大学環境医学研究所 助手
2007年04月~2012年03月 名古屋大学環境医学研究所 助教
2012年04月~2012年09月 ドイツ・ハイデルベルク大学マンハイム医学部 研究員
2012年10月~2013年01月 ドイツ・デュイスブルクエッセン大学 研究員
2013年04月~2018年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 講師
2014年04月~継続中 名古屋大学環境医学研究所 非常勤講師
専門分野 循環器内科学
加入学会 日本不整脈心電学会、日本生理学会、米国不整脈学会(Heart Rhythm Society)、米国心臓評議会(American Heart Association)、日本循環器学会、日本内科学会
受賞歴 第12回医科学応用研究財団助成による日本心電学会論文賞(2012年10月)
名古屋大学環境医学研究所 若手優秀論文賞(2012年11月)
平成28年度科研費の審査委員表彰(2016年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yukiomi Tsuji, Taisuke Ishikawa, Naomasa Makita:Molecular mechanisms of heart failure progression associated with implantable cardioverter-defibrillator shocks for ventricular tachyarrhythmias(共著)¸Journal of Arrhythmia¸30巻4号235頁-241頁¸2014年05月
2 Tsuji Y, Dobrev D.:Safety and efficacy of vernakalant for acute cardioversion of atrial fibrillation: an update.(共著)¸Vasc Health Risk Manag¸9巻165頁-75頁¸2013年04月
3 Tsuji Y, Heijman J, Nattel S, Dobrev D.:Electrical storm: recent pathophysiological insights and therapeutic consequences. (共著)¸Basic Res Cardiol¸108巻336頁-¸2013年02月
4 Tsuji Y:Electrical storm and calcium signaling: a review. ¸J Electrocardiol¸44巻725頁-729頁¸2011年07月
5 Tsuji Y, Hojo M, Voigt N, El-Armouche A, Inden Y, Murohara T, Dobrev D, Nattel S, Kodama I, Kamiya K.:Ca2+-related signaling and protein phosphorylation abnormalities play central roles in a new experimental model of electrical storm.(共著)¸Circulation¸123巻2192頁-2203頁¸2011年05月
6 Lee JK, Tsuji Y.:Small animal and transgenic models In: Cardiac Electrophysiology Methods and Models(共著)¸Springer¸2010年09月
7 Zicha S, Tsuji Y, Shiroshita-Takeshita A, Nattel S.:Beta-blockers as anti-arrhythmic agents In: Handbook of Experimental Pharmacology vol.171: Basis and Treatment of Cardiac Arrhythmias.(共著)¸Springer-Verlag¸2006年09月
8 Tsuji Y, Zicha S, Qi X-Y, Kodama I, Nattel S.:Potassium-channel subunit remodeling in rabbits exposed to long-term bradycardia or tachycardia: Discrete arrhythmogenic consequences related to differential delayed-rectifier changes.(共著)¸Circulation¸113巻345頁-355頁¸2006年01月
9 Takanari H, Bourgonje VJ, Fontes MS, Raaijmakers AJ, Driessen H, Jansen JA, van der Nagel R, Kok B, van Stuijvenberg L, Boulaksil M, Takemoto Y, Yamazaki M, Tsuji Y, Honjo H, Kamiya K, Kodama I, Anderson ME, van der Heyden MA, van Rijen HV, van Veen TA, Vos MA.:Calmodulin/CaMKII inhibition improves intercellular communication and impulse propagation in the heart and is antiarrhythmic under conditions when fibrosis is absent.(共著)¸Cardiovascular Research¸111巻4号410頁-421頁¸2016年06月
10 Shimano M, Tsuji Y, Inden Y, Kitamura K, Uchikawa T, Harata S, Nattel S, Murohara T.:Pioglitazone, a peroxisome proliferator-activated receptor-gamma activator, attenuates atrial fibrosis and atrial fibrillation promotion in rabbits with congestive heart failure.(共著)¸Heart Rhythm¸5巻451頁-459頁¸2007年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Translational perspective on pathophysiology of frequent ICD-shocked ventricular tachyarrhythmias.(シンポジスト) 第30回日本不整脈学会・第32回日本心電学会合同学術集会 2015年07月
2 Electrical storm in inherited arrhythmia syndromes(シンポジスト) 第29回日本不整脈学会・第31回日本心電学会合同学術集会 2014年07月
3 Role of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II in atrial and ventricular remodeling and arrhythmias(シンポジスト) 第29回日本不整脈学会・第31回日本心電学会合同学術集会 2014年07月
4 Electrical storm: translational perspective on pathophysiology and therapy (招待講演) Korea Heart Rhythm Symposium 2014 2014年06月
5 VF stormの実験モデルから考えるelectrical stormの病態生理と治療・予防戦略(招待講演) 第28回日本不整脈学会学術集会 2013年07月
6 Ventricular fibrillation storm and Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II The 2nd HD Physiology International Symposium: Multi-level Systems Biology 2013年06月
7 Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase II and arrhythmogenesis(シンポジスト) 第77 回日本循環器学会学術集会 2013年03月
教育情報
2014年度~継続中 内臓機能・体液系I-II (1年後期、2年前期(2、3セメスター))
2013年度~継続中 生理学実習 (2年前期(3セメスター))
その他(自己PR)