研究者詳細情報
氏 名 池谷 和子 ふりがな いけや かずこ
英文名 IKEYA Kazuko 生年月
所 属 教育学部 国際文化
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 博士(法学)(2005年09月)
修士(法学)(1998年03月)
E-mail
Homepage
学歴 2005年09月 東洋大学法学研究科公法学専攻博士課程修了
職歴 2006年04月~2012年03月 東洋大学法学部 非常勤講師
2008年04月~2013年03月 埼玉医科大学保健医療学部 非常勤講師
2013年04月~継続中 長崎大学 教育学部 国際文化 准教授
専門分野 公法学、民事法学、基礎法学
加入学会 公法学会、比較憲法学会、家族<社会と法>学会
受賞歴 学生研究奨励賞(1998年03月)
校友会奨学金(2002年03月)
井上円了記念研究助成金(2008年02月)
家族法新人奨励賞ノミネート(2010年02月)
各種審議会・委員会等 長崎県介護保険審査会
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
子どもの貧困―その定義と実態調査方法を探る
児童虐待防止法制度の研究
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 池谷和子:アメリカにおける家族の崩壊と『子どもの権利』―児童虐待防止法制度を素材として―¸東洋法学¸57巻3号173頁-203頁¸2014年03月
2 池谷和子:アメリカ児童虐待防止法制度の研究¸樹芸書房¸2009年03月
3 池谷 和子:子どもの貧困対策と家族―「家族の中の子ども」という視点から―¸現代社会研究¸15号95頁-102頁¸2018年03月
4 池谷 和子:アメリカ連邦最高裁判決と同性婚の問題点¸現代社会研究¸13号91頁-99頁¸2016年03月
5 池谷 和子:学校におけるいじめと親責任¸東洋法学¸59巻2号231頁-248頁¸2016年01月
6 笠原俊宏編:日本法の論点 第三巻(共著)¸文眞堂¸2013年11月
7 笠原俊宏編:日本法の論点 第一巻(共著)¸文眞堂¸2011年11月
8 飯塚知敬、池谷和子、福留真紀、林隆広、水谷綾子、槇謙太:公共施設の見学を社会科授業に活かす試み―長崎歴史文化博物館、長崎地方裁判所・家庭裁判所、長崎市立図書館の見学―(共著)¸教育実践総合センター紀要¸15号¸2016年03月
9 池谷 和子:学校におけるいじめと法¸現代社会研究¸12号83頁-92頁¸2015年03月
10 池谷 和子:性同一性障害者の父子関係に関する最高裁決定¸東洋法学¸58巻1号195頁-203頁¸2014年07月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 アメリカにおける家族の崩壊と『子どもの権利』 未成年者保護法研究会 2015年03月
2 同性婚に関するアメリカ最高裁判決 国際家族法研究会 2014年11月
3 最高裁「婚外子相続分差別違憲判決」を素材として 日本近代法史研究会 2014年06月
4 日本学術会議LGBTIの権利保障分科会提言への問題点と検討(その他) 21世紀ビジョンの会 2017年12月
5 深刻化する児童虐待と家族再生―日米の事例を踏まえて(招待講演) 21世紀ビジョンの会 2016年05月
6 同性婚は子供のためになるか 未成年者保護法研究会 2016年01月
7 性同一性障害者の父子関係に関する最高裁決定 国際家族法研究会 2014年03月
教育情報
2017年度~継続中 初年次セミナー (1年前期(1セメスター))
2015年度~継続中 日本国憲法 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ)
2015年度~継続中 卒業論文 (4年通年(7、8セメスター))
2014年度~継続中 ゼミナールⅡ (3年後期(6セメスター))
2014年度~継続中 日本国憲法 (その他¸週1コマ)
2014年度~継続中 ゼミナールⅠ (3年前期(5セメスター)¸週1コマ)
2013年度~継続中 法律学Ⅱ (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2013年度~継続中 法律学Ⅰ (2年前期(3セメスター)¸週1コマ)
その他(自己PR) 「子供達が健全に育つ為に必要な法制度とは?」という点について、大きな関心を持って研究を行っています。