研究者詳細情報
氏 名 森田 幸子 ふりがな もりた ゆきこ
英文名 MORITA Yukiko 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL FAX
職 名 助教 学位・資格 博士(歯学)(2012年03月)
歯科医師(2003年05月)
日本矯正歯科学会 認定医(2009年11月)
E-mail
Homepage
学歴 2012年03月 長崎大学医歯薬学総合研究科博士課程修了
職歴 2014年07月~継続中 長崎大学 歯学研究科 助教
専門分野 矯正・小児系歯学
加入学会 日本矯正歯科学会、九州矯正歯科学会、日本口蓋裂学会、日本障害者歯科学会、日本先天異常学会、成育歯科医療研究会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 夏目長門(編):言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学 第2版(共著)¸医学書院¸2016年12月
2 [著] Martin Gross [監訳] 古谷野 潔:咬合のサイエンスとアート(共訳)¸クインテッセンス出版¸2016年08月
3 佐久間千里, 井村 英人, 新美照幸, 森田幸子, 早川統子, 夏目 長門:otz床装着により呼吸障害が改善された口唇口蓋裂を伴う21trisomyの1例(共著)¸日本口蓋裂学会雑誌¸41巻1号56頁-60頁¸2016年05月
4 山口 徹、北原光男(監修):今日の治療指針(共著)¸医学書院¸2016年01月
5 Fujimura Y, Kitaura H, Yoshimatsu M, Eguchi T, Kohara H, Morita Y, Yoshida N.:Influence of bisphosphonates on orthodontic tooth movement in mice.¸European Journal of Orthodontics¸31巻6号572頁-577頁¸2009年09月
6 森田幸子, 古賀義之, 吉田教明:矯正用インプラントに大臼歯用チューブを接着し力系を構築した成人上顎前突症例(共著)¸九州矯正歯科学会雑誌¸4巻1号101頁-108頁¸2008年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 超低出生体重児に対しHotz床を装着した片側性唇顎口蓋裂の1例(ポスター) 第12回九州矯正歯科学会学術学会 2017年03月
2 A case of extremely low birth weight infant with cleft lip and palate (2nd report)(ポスター) 10th World Cleft Lip and Palate Congress 2016年10月
3 Investigation of classⅢ orthodontic treatment at Nagasaki University Hospital in 2014 - surgery or orthodontics. (ポスター) The 92nd European Orthodontic Society Congress 2016年06月
4 Corticision increased alveolar bone resorption in proportion to the amount of cut volume, but did not affect any effect on orthodontic tooth movement. (ポスター) The 92nd European Orthodontic Society Congress 2016年06月
教育情報
2016年度 歯科矯正学及び同実習 (4年前期(7セメスター))
その他(自己PR)