研究者詳細情報
氏 名 古村 由美子 ふりがな ふるむら ゆみこ
英文名 FURUMURA Yumiko 生年月
所 属 言語教育研究センター 
TEL 095-820-6394 FAX
職 名 教授 学位・資格 比較社会文化博士(2007年09月)
E-mail
Homepage
学歴 2001年03月 九州大学大学院比較社会文化研究科国際社会文化専攻博士課程単位取得満期退学
職歴 2001年04月~2004年03月 九州大学 助手
2009年04月~2013年03月 九州大学 助教
2013年04月~2017年03月 長崎大学 経済学部 国際ビジネス教育研究センター 教授
専門分野
加入学会 グローバル人材育成教育学会(グローバル人材育成教育学会理事)、アジア英語教育学会(ASIA TEFL)、国際異文化コミュニケーション学会(International Association for Intercultural Communication Studies)、大学英語教育学会(大学英語教育学会(JACET)九州沖縄支部研究企画委員)、外国語教育メディア学会(LET)(外国語教育メディア学会(LET)九州沖縄支部運営委員・評議員)、全国英語教育学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yumiko Furumura:Improving the L2 literacy skills of Japanese university students¸The proceedings of 2015 PKETA-GETA Joint International Conference¸38頁-42頁¸2015年10月
2 細川秀雄(監修), 山田悦子, 古村由美子:『相互文化的能力を育む外国語教育――グローバル時代の市民性形成をめざして』(共訳)¸大修館書店¸2015年07月
3 古村由美子:長崎大学経済学部「国際ビジネス(plus)プログラム」におけるグローバル人材育成実践例¸グローバル人材育成教育学会第2回九州支部大会抄録¸21頁-22頁¸2015年05月
4 Yumiko Furumura:Remedying negative stereotypes through identifying the origins of stereotypes: From semantic or affective learning? In S. Houghton, Y. Furumura, M. Lebedko, & L. Song (eds.), Developing critical cultural awareness: Managing stereotypes in intercultural (language) education.¸Cambridge Scholars Publishing,¸2013年07月
5 S. Houghton, Y. Furumura, M. Lebedko, & L. Song :Developing critical cultural awareness: Managing stereotypes in intercultural (language) education.(共編著)¸Cambridge Scholars Publishing,¸2013年07月
6 古村由美子:『成人バイリンガルの「断り」場面における対人葛藤対処方法に関する研究―英語母語話者は日本人英語話者の対処方法をどう評価するのか¸花書院¸2011年03月
7 Yumiko Furumura, Michael Byram & Manuela Guilheme, Stephanie Houghton, Yannan Guo:Linguistic competence VS. Intercultural competence? In Y. Tsai & S. Houghton (eds.), Becoming intercultural: Inside and outside the classroom (pp.125-143)(共著)¸Cambridge Scholars Publishing¸2010年05月
8 古村由美子:効果的な英語授業とは何か?:日本人大学生の経験と提言¸九州英語教育学会紀要¸37巻123頁-130頁¸2009年09月
9 古村由美子:イメージと事実とのずれが対人関係に与える影響―英語社会での葛藤対処方法の認知過程に関して¸第49回外国語教育メディア学会全国研究大会 発表要項集¸2009巻234頁-235頁¸2009年08月
10 古村由美子:日本人英語話者の日本語・英語における対人行動様式の変容について¸外国語教育メディア学会九州・沖縄支部紀要¸5巻1頁-12頁¸2005年03月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 異文化対応力測定方法開発の試み:カテゴリーと質問項目の観点から(特別講演) グローバル人材育成教育学会第4回関西支部大会 2018年02月
2 How Telecollaborative Exchanges Affected Students’ Attitude toward Intercultural Matters and Achievements of English as a Foreign Language, EUROCALL 2017 Conference 2017年08月
3 Voices of university students about study abroad and their Intercultural Communicative Competence(シンポジスト) The JACET 54th International Convention 2015年08月
4 長崎大学経済学部「国際ビジネス(plus)プログラム」におけるグローバル人材育成実践例(シンポジスト) グローバル人材育成教育学会第2回九州支部大会 2015年05月
5 A suggestion on the approach to teaching ICC and EFL taken by non-native teachers 2nd International Symposium on Native-Speakerism 2014年09月
6 フォーラムサイト上の交流活動が学生の異文化に関する認識に与えた影響について 第54回外国語教育メディア学会全国研究大会 2014年08月
7 Using the ICC Forum to connect domestic students with foreign students and cultures(招待講演) 17th Cultnet Seminar Durham 2014 2014年04月
8 Computer-Mediated Communication between Chinese and Japanese Students  The 19th International Conference of the International Association for Intercultural Communication Studies (IAICS) 2013年10月
9 The impact of study-abroad on students’ attitude and knowledge as well as English proficiency The 52nd JACET International Convention 2013 2013年08月
10 The report on Computer Mediated Communication with foreign students: Intercultural Communication Forum WorldCALL 2013 2013年07月
教育情報
その他(自己PR)