研究者詳細情報
氏 名 田原 弘宣 ふりがな たはら ひろのぶ
英文名 TAHARA Hironobu 生年月
所 属 工学研究科 物質科学部門
TEL 095-819-2675 FAX 095-819-2675
職 名 助教 学位・資格 修士(工学)(2009年03月)
博士(工学)(2012年03月)
学士(工学)(2007年03月)
E-mail
Homepage http://www.cms.nagasaki-u.ac.jp/lab/douteki/jp/index.html
学歴 2007年03月 九州大学工学部物質科学工学科卒業
2012年03月 九州大学工学府材料物性工学専攻博士課程修了
職歴 2012年04月~継続中 長崎大学 工学研究科 物質科学部門  助教
専門分野 物理化学(スピン化学)、分析化学(電気化学)、機能材料・デバイス
加入学会 日本ポーラログラフ学会、電気化学会、日本化学会、電子スピンサイエンス学会
受賞歴 若手研究者奨励賞(物理化学部門)(2007年07月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Hironobu Tahara, Kazuaki Uranaka, Makoto Hirano, Tomoya Ikeda, Takamasa Sagara, Hiroto Murakami:Electrochromism of Ferrocene- and Viologen-Based Redox-Active Ionic Liquids Composite(共著)¸ACS Appl. Mater. Interfaces¸11巻1号1頁-6頁¸2018年12月
2 Shota Jin, Kosuke Sugawa, Naoto Takeshima, Hironobu Tahara, Shuto Igari, Satoshi Yoshinari, Yuri Kurihara, Shiryu Watanabe, Masami Enoki, Kenta Sato, Wataru Inoue, Kyo Tokuda, Tsuyoshi Akiyama, Ryuzi Katoh, Kouichi Takase, Hiroaki Ozawa, Toshiya Okazaki, Takayuki Watanabe, Joe Otsuki:Precise Control of Localized Surface Plasmon Wavelengths Is Needed for Effective Enhancement of Triplet-Triplet Annihilation-Based Upconversion Emission(共著)¸ACS Photonics¸5巻12号5025頁-5037頁¸2018年11月
3 Bo Wang, Hironobu Tahara, Takamasa Sagara:Driving Quick and Large Amplitude Contraction of Viologen-Incorporated Poly-L-Lysine based Hydrogel by Reduction(共著)¸ACS Appl. Mater. Interfaces¸10巻42号36415頁-36424頁¸2018年10月
4 Yo Tsutamoto, Janice B. Rabor, Hironobu Tahara, Yasuro Niidome:Fractionation of Gold Nanorod Dimers by Stepwise Density Gradient Centrifugation(共著)¸Chem. Lett.¸46巻12号1785頁-1788頁¸2017年10月
5 Tetsuro Morooka, Hironobu Tahara, Takamasa Sagara:Effect of bromide adsorption on electrowetting of Au electrode with hexadecane(共著)¸Electrochim. Acta¸251巻355頁-362頁¸2017年08月
6 Hironobu Tahara, Rei Baba, Kodai Iwanaga, Takamasa Sagara, Hiroto Murakami:Electrochromism of a Bipolar Reversible Redox-Active Ferrocene-Viologen Linked Ionic Liquid(共著)¸Chemical Communications¸53巻2455頁-2458頁¸2017年01月
7 Kosuke Sugawa, Daisuke Yamaguchi, Natsumi Tsunenari, Koji Uchida, Hironobu Tahara, Hideyuki Takeda, Kyo Tokuda, Shota Jin, Yasuyuki Kusaka, Nobuko Fukuda, Hirobumi Ushijima, Tsuyoshi Akiyama, Yasuhiro Watanuki, Nobuyuki Nishimiya, Joe Otsuki, Sunao Yamada:Efficient Photocurrent Enhancement from Porphyrin Molecules on Plasmonic Copper Arrays: Beneficial Utilization of Copper Nanoanntenae on Plasmonic Photoelectric Conversion Systems(共著)¸ACS Appl. Mater. Interfaces¸9巻750頁-762頁¸2016年12月
8 Kosuke Sugawa, Daiki Sugimoto, Hironobu Tahara, Takumi Eguchi, Masahiro Katoh, Koji Uchida, Shota Jin, Takuji Ube, Takashi Ishiguro, Joe Otsuki:Refractive index susceptibility of palladium nanoplates with plasmonic resonance in the visible region(共著)¸Opt. Mater. Express¸6巻859頁-867頁¸2016年03月
9 Kosuke Sugawa,Naoto Takeshima, Koji Uchida, Hironobu Tahara, Shota Jin, Natsumi Tsunenari, Tsuyoshi Akiyama, Yasuyuki Kusaka, Nobuko Fukuda, Hirobumi Ushijima, Yuji Tsuchido, Takeshi Hashimoto, Takashi Hayashita, Joe Otsuki: Photocurrent enhancement of porphyrin molecules over a wide-wavelength region based on combined use of silver nanoprisms with different aspect ratios¸ Journal of Materials Chemistry C¸3巻11439頁-11448頁¸2015年10月
10 Hironobu Tahara, Yutaro Furue, Chie Suenaga, Takamasa Sagara:A Dialkyl Viologen Ionic Liquid: X-ray Crystal Structure Analysis of Bis(trifluoromethanesulfonyl)imide Salts(共著)¸Crystal Growth & Design¸15巻4735頁-4740頁¸2015年09月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 プラズモニックパラジウムナノ粒子の屈折率応答性調査 第12回プラズモニクスシンポジウム 2015年01月
2 屈折率検出感度に対する銀ナノプレートの組織化状態の影響 第12回プラズモニクスシンポジウム 2015年01月
3 低融点ビオロゲンの基礎物性: 希釈系における電気化学応答と電子特性 電気化学会第81回大会 2014年03月
4 Au(111)電極表面上の有機液体相や不溶性膜の電位応答と蛍光を用いた追跡 電気化学会第81回大会 2014年03月
5 蛍光発色団を連結したビオロゲンのHOPGにおける電気化学挙動 電気化学会第81回大会 2014年03月
6 酸化表面を有さない銅ナノ構造体のプラズモン特性制御と光電場特性の検証(招待講演) 日本化学会第94春季年会 2014年03月
7 非対称アルキルビオロゲンイオン液体の低融点化構造因子と電気化学特性 電気化学会第81回大会 2014年03月
8 イオン液体中における亜鉛ポルフィリン-ビオローゲン連結化合物の光誘起電子移動反応ダイナミクス 分子・物質合成プラットフォーム 平成25年度シンポジウム 2014年03月
9 精密に表面プラズモン共鳴特性が精密制御された銅ナノ構造の構築体と光機能性分子の複合化と蛍光特性解析 第32回固体・表面光化学討論会 2013年12月
10 ビオロゲン型イオン液体の分光電気化学 第59回ポーラログラフィーおよび電気分析化学討論会 2013年11月
教育情報
その他(自己PR)