研究者詳細情報
氏 名 武田 弘資 ふりがな たけだ こうすけ
英文名 TAKEDA Kohsuke 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-2417 FAX 095-819-2472
職 名 教授 学位・資格 博士(歯学)(1995年03月)
歯科医師(1989年06月)
E-mail
Homepage http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/cell/index-j.html
学歴 1989年03月 東京医科歯科大学歯学部卒業
1995年03月 東京医科歯科大学歯学研究科博士課程修了
職歴 1995年04月~1999年03月 (財)癌研究会癌研究所 研究員
1999年04月~2003年03月 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 助手
2003年04月~2005年03月 東京大学大学院薬学系研究科 講師
2005年04月~2012年03月 東京大学大学院薬学系研究科 准教授
2011年03月~2014年03月 科学技術振興機構さきがけ 研究員
2012年04月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(薬学系) 教授
専門分野 生物系薬学、機能系基礎歯科学
加入学会 日本生化学会(評議員、九州支部評議員)、日本癌学会(評議員)、日本薬学会、歯科基礎医学会、日本分子生物学会、口腔病学会(評議員)、日本がん分子標的治療学会、日本Cell Death学会、日本ケミカルバイオロジー学会
受賞歴 歯科基礎医学会賞(2000年09月)
日本癌学会奨励賞(2004年10月)
歯科基礎医学会ライオン医学賞(2010年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Chaikuad, A., Filippakopoulos, P., Marcsisin, S. R., Picaud, S., Schröder, M., Sekine, S., Ichijo, H., Engen, J. R., Takeda, K. and Knapp, S.:Structures of PGAM5 provide insight into active-site plasticity and multimeric assembly.(共著)¸Structure¸25巻1089頁-1099頁¸2017年07月
2 Honda, S., Sadatomi, D., Yamamura, Y., Nakashioya, K., Tanimura, S. and Takeda, K.:WP1066 suppresses macrophage cell death induced by inflammasome agonists independently of its inhibitory effect on STAT3.(共著)¸Cancer Sci.¸¸2017年03月
3 Sadatomi, D., Nakashioya, K., Mamiya, S., Honda, S., Kameyama, Y., Yamamura, Y., Tanimura, S. and Takeda, K.:Mitochondrial function is required for extracellular ATP-induced NLRP3 inflammasome activation.(共著)¸J. Biochem.¸¸2017年03月
4 Furuoka, M., Ozaki, K., Sadatomi, D., Mamiya, S., Yonezawa, T., Tanimura, S., and Takeda, K. :TNF-α induces caspase-1 activation independently of simultaneously induced NLRP3 in 3T3-L1 cells.(共著)¸J. Cell. Physiol.¸231巻2761頁-2727頁¸2016年08月
5 Kamiyama, M., Shirai, T., Tamura, S., Suzuki-Inoue, K., Ehata, S., Takahashi, K., Miyazono, K., Hayakawa, Y., Sato, T., Takeda, K., Naguro, I. and Ichijo, H.:ASK1 facilitates tumor metastasis through phosphorylation of an ADP receptor P2Y12 in platelets.(共著)¸Cell Death Differ¸24巻2066頁-2076頁¸2017年12月
6 Tanimura, S. and Takeda, K.:ERK signaling as a regulator of cell motility.(共著)¸J. Biochem.¸162巻145頁-154頁¸2017年07月
7 Tanimura, S., Hashizume, J., Arichika, N., Watanabe, K., Ohyama, K., Takeda, K. and Kohno, M.:ERK signaling promotes cell motility by inducing the localization of myosin 1E to lamellipodial tips.(共著)¸J. Cell Biol. ¸214巻475頁-489頁¸2016年08月
8 Hattori, K., Naguro, I., Okabe, K., Funatsu, T., Furutani, S., Takeda, K. and Ichijo, H.:ASK1 signaling regulates brown and beige adipocyte function.(共著)¸Nat. Commun.¸7巻11158頁-¸2016年04月
9 Sekine, S., Yao, A., Hattori, K., Sugawara, S., Naguro, I., Koike, M., Uchiyama, Y., Takeda, K., and Ichijo, H.:The ablation of mitochondrial protein phosphatase PGAM5 confers resistance against metabolic stress.(共著)¸EBioMedicine¸5巻82頁-92頁¸2016年01月
10 Maruyama, J., Kobayashi, Y., Umeda, T., Vandewalle, A., Takeda, K., Ichijo, H. and Naguro, I.:Osmotic stress induces the phosphorylation of WNK4 Ser575 via the p38MAPK-MK pathway.(共著)¸Sci. Rep.¸6巻18710頁-¸2016年01月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 ミトコンドリアのストレス感知機構と細胞応答(招待講演) 第160回日本獣医学会学術集会 日本比較薬理学・毒性学会シンポジウム 2017年09月
2 ミトコンドリアのストレス感知機構と細胞応答(招待講演) 第12回 レドックス・ライフイノベーションシンポジウム 2016年08月
3 Regulation of cellular stress response by mitochondrial protein phosphatase PGAM5(シンポジスト) 1st International Symposium on Protein Modifications in Pathogenic Dysregulation of Signaling 2013年02月
4 Role of mitochondrial phosphatase PGAM5 in inflammation(招待講演) International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting 2012 2012年10月
5 低分子化合物で探るマクロファージの炎症誘導性細胞死の機構(シンポジスト) 日本薬学会 第138年会 2018年03月
6 ERKシグナルによる細胞運動制御を担うSH3P2-Myosin1E複合体(シンポジスト) 日本薬学会 第138年会 2018年03月
7 切断型PGAM5による選択的pre-mRNAスプライシングの制御(ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
8 1型ミオシンmyosin 1Eと細胞膜変形タンパク質SNX9による細胞運動制御(ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
9 NLRP3インフラマソーム活性化におけるミトコンドリアによるCa2+調節の役割(ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
10 Myosin 1Eの細胞質アンカータンパク質SH3P2による破骨細胞の分化制御 (ポスター) ConBio2017(生命科学系学会合同年次大会) 2017年12月
教育情報
2013年度~継続中 生化学I (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合93.33%)
2012年度~継続中 生化学II (2年前期(3セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2012年度~継続中 教養生物学 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2012年度~継続中 細胞生物学 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合50.00%)
2012年度~継続中 創薬科学II (4年前期(7セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.33%)
2012年度~継続中 薬学基礎実習(生物・薬理系)【細胞制御学】 (3年前期(5セメスター))
2013年度~継続中 メディカルバイオ特論II, VI (その他)
2012年度~2016年度 分子細胞生物学 (その他¸週2コマ¸担当割合20.00%)
2012年度~継続中 分子創薬科学特別実験:細胞制御学 (その他)
2012年度~継続中 分子創薬科学演習I:細胞制御学 (その他)
その他(自己PR)