研究者詳細情報
氏 名 仲山 英樹 ふりがな なかやま ひでき
英文名 NAKAYAMA Hideki 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(バイオサイエンス)(2000年03月)
修士(バイオサイエンス)(1997年03月)
学士(環境工学)(1995年03月)
E-mail
Homepage http://nakayamalab.com/
学歴 1995年03月 大阪大学工学部環境工学科卒業
1997年03月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科細胞生物学専攻修士課程修了
2000年03月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科細胞生物学専攻博士課程修了
職歴 1997年04月~2000年03月 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2000年04月~2002年03月 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教務職員
2002年04月~2004年06月 カリフォルニア大学バークレー校 植物微生物学部 研究員
2004年07月~2007年03月 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 助手
2007年04月~2009年06月 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 助教
2009年07月~2011年09月 神戸大学 自然科学系先端融合研究環重点研究部 特命助教
2011年10月~2018年03月 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 准教授
2018年04月~継続中 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 教授
専門分野 環境技術・環境材料、生物機能・バイオプロセス、応用分子細胞生物学
加入学会 日本農芸化学会、化学工学会、極限環境生物学会、マリンバイオテクノロジー学会、日本植物細胞分子生物学会、日本生物工学会
受賞歴 2010年度(第11回)極限環境生物学会ポスター賞(2010年11月)
第20回 生物工学論文賞(2012年10月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
持続可能なエビ養殖産業に資する好塩性細菌の細胞表層工学を用いた高効率な抗白斑病ウイルス性バイオ製剤の開発
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Alex Prima, Kiyotaka Y. Hara, Apridah Cameliawati Djohan, Norimasa Kashiwagi, Prihardi Kahar, Jun Ishii, Hideki Nakayama, Fumiyoshi Okazaki, Bambang Prasetya, Akihiko Kondo, Yopi, Chiaki Ogino:Glutathione production from mannan-based bioresource by mannanase/mannosidase expressing Saccharomyces cerevisiae(共著)¸Bioresource Technology¸245巻1400頁-1406頁¸2017年12月
2 Suparat Taengchaiyaphum, Hideki Nakayama, Jiraporn Srisala, Ratny Khiev, Diva January Aldama-Cano, Siripong Thitamadee, Kallaya Sritunyalucksan:Vaccination with multimeric recombinant VP28 induces high protection against white spot syndrome virus in shrimp(共著)¸Developmental & Comparative Immunology¸76巻56頁-64頁¸2017年11月
3 Yuki Kawahara, Takashi Hashimoto, Hideki Nakayama, Yoshie Kitamura:Galactose oxidase/kelch repeat-containing protein is involved in the iron deficiency stress response in the roots of Hyoscyamus albus(共著)¸Plant Root¸11巻58頁-63頁¸2017年11月
4 Kosuke Tanimura, Takuya Matsumoto, Hideki Nakayama, Tsutomu Tanaka, Akihiko Kondo:Improvement of ectoine productivity by using sugar transporter-overexpressing Halomonas elongata(共著)¸Enzyme and Microbial Technology¸89巻63頁-68頁¸2016年07月
5 Kei Suzuki, Alex Costa, Hideki Nakayama, Maki Katsuhara, Atsuhiko Shinmyo, Tomoaki Horie:OsHKT2;2/1-mediated Na+ influx over K+ uptake in roots potentially increases toxic Na+ accumulation in a salt-tolerant landrace of rice Nona Bokra upon salinity stress(共著)¸Journal of Plant Research¸129巻1号66頁-77頁¸2016年01月
6 仲山 英樹:ゲノム情報を活用した金属結合タンパク質の探索, バイオベース資源確保戦略 (小西康裕監修)(監修書)¸シーエムシー出版¸2015年07月
7 仲山英樹:アーミングハロモナス細胞を利用したバイオアドソープション, バイオベース資源確保戦略 (小西康裕監修)¸シーエムシー出版¸2015年07月
8 仲山英樹:ゲノム情報とアルカリ金属カチオンの輸送タンパク質, 地球を救うメタルバイオテクノロジー〜微生物と金属資源のはなし〜(山下光雄,清和成編)(共編著)¸成山堂書店¸2014年06月
9 Megumi Iwanoa, Motoko Igarashi, Yoshiaki Tarutani, Pulla Kaothien-Nakayama, Hideki Nakayama, Hideki Moriyama, Ryo Yakabe, Tetsuyuki Entani, Hiroko Shimosato-Asano, Masao Ueki, Gen Tamiya, Seiji Takayama:A pollen coat-inducible autoinhibited Ca2+-ATPase expressed in stigmatic papilla cells is required for compatible pollination in the Brassicaceae(共著)¸Plant Cell¸¸2014年02月
10 Kosuke Tanimura, Hideki Nakayama, Tsutomu Tanaka, Akihiko Kondo:Ectoine production from lignocellulosic biomass-derived sugars by engineered Halomonas elongata(共著)¸Bioresource Technology¸142巻523頁-529頁¸2013年08月
研究活動その他
主な特許など
1 リチウムイオン又はナトリウムイオン排出機能を付与した形質転換植物細胞¸特願2000-127767
2 適合溶質の製造方法¸特願2011-94455
3 ジメチルグリシンの製造方法¸特願2011-201192
学会発表等の状況
1 Cell-surface engineering of Halomonas elongata as an element recycling biotechnology in high salinity environments  The 3rd Myanmar-Japan Symposium 2016年12月
2 中度好塩性細菌ハロモナスの細胞表層工学を用いた低環境負荷型養殖エビ用機能性餌添加物の開発 日本農芸化学会2016年度西日本支部大会(西日本支部第316回講演会) 2016年09月
3 好塩性細菌ハロモナスを用いたバイオマス由来芳香族化合物からのエクトイン生産 日本農芸化学会2016年度西日本支部大会(西日本支部第316回講演会) 2016年09月
4 海洋性低温細菌アルスロバクター属NI-2 株におけるMn(II)酸化特性の解析 日本農芸化学会2016年度西日本支部大会(西日本支部第316回講演会) 2016年09月
5 持続可能なエビ養殖産業に資する中度好塩性細菌ハロモナスの細胞表層工学を用いた機能性餌添加物の生産(ポスター) 第53回化学関連支部合同九州大会 2016年07月
6 中度好塩性細菌ハロモナスにおける不揮発性腐敗アミンからのエクトイン生産(ポスター) 第53回化学関連支部合同九州大会 2016年07月
7 海洋性低温細菌アルスロバクター属NI-2株によるマンガンのバイオミネラリゼーション(ポスター) 第53回化学関連支部合同九州大会 2016年07月
8 Cell-surface engineering of Halomonas elongata as an element recycling biotechnology in high salinity environments The 16th Asia Pacific Confederation of Chemical Engineering Congress (APCChE Congress 2015) 2015年09月
9 Manganese oxide- biomineralization under high salinity and low temperature by manganese-oxidizing bacteria, Bacillus sp. NI-1 and Arthrobacter sp. NI-2 The 13th International Conference on the Biogeochemistry of Trace Elements (ICOBTE 2015) 2015年07月
10 パン酵母由来のアルカリ金属カチオン排出ポンプのセシウムイオン排出特性の解析(ポスター) 第52回化学関連支部合同九州大会 2015年06月
教育情報
2014年度 特別講義 (DC1年前期(DC1セメスター))
2014年度~継続中 教養ゼミナール (1年前期(1セメスター)¸担当割合100.00%)
2014年度~継続中 水環境概論 (1年前期(1セメスター)¸担当割合20.00%)
2013年度~継続中 環境フィールド演習I (1年前期(1セメスター)¸担当割合25.00%)
2012年度~継続中 特別演習 保全設計学 (MC1年通年(MC1、2セメスター))
2012年度~継続中 環境化学特論 (DC1年後期(DC2セメスター))
2012年度~継続中 環境保全設計実験C (3年前期(5セメスター))
2012年度~継続中 環境保全設計基礎実験A (2年後期(4セメスター))
2012年度~継続中 特別研究Ⅰ 保全設計学 (MC1年通年(MC1、2セメスター))
2012年度~継続中 環境保全設計特別研究 (4年通年(7、8セメスター))
その他(自己PR)