研究者詳細情報
氏 名 小野寺 玄 ふりがな おのでら げん
英文名 ONODERA Gen 生年月
所 属 工学研究科 物質科学部門
TEL 095-819-2679 FAX 095-819-2677
職 名 准教授 学位・資格 博士(工学)(2006年03月)
E-mail
Homepage
学歴 2001年03月 京都大学工学部工業化学科卒業
2006年03月 京都大学工学研究科物質エネルギー化学専攻博士課程修了
職歴 2006年04月~2008年03月 青山学院大学 助手
2008年04月~2011年07月 青山学院大学 助教
2011年08月~2016年03月 長崎大学 工学研究科 物質科学部門  助教
2016年04月~継続中 長崎大学 工学研究科 物質科学部門  准教授
専門分野 合成化学、有機化学(有機金属化学)
加入学会 有機合成化学協会、近畿化学協会、日本化学会
受賞歴 宇部興産学術振興財団 第55回学術奨励賞(2015年04月)
有機合成化学協会九州山口支部奨励賞(2017年11月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yasuyuki Mori, Chieko Shigeno, Ying Luo, Bun Chan, Gen Onodera, Masanari Kimura:Ni-Catalyzed Formal Carbonyl-Ene Reaction of Terminal Alkenes via Carbon Dioxide Insertion(共著)¸Synlett¸29巻6号742頁-746頁¸2018年01月
2 Goki Hirata, Hideaki Satomura, Hidenobu Kumagae, Aika Shimizu, Gen Onodera, Masanari Kimura:Direct Allylic Amination of Allylic Alcohol Catalyzed by Palladium Complex Bearing Phosphine-Borane Ligand(共著)¸Org. Lett.¸19巻22号6148頁-6151頁¸2017年11月
3 Kenta Kuge, Ying Luo, Yuki Fujita, Yasuyuki Mori, Gen Onodera, Masanari Kimura:Copper-Catalyzed Stereodefined Construction of Acrylic Acid Derivatives from Terminal Alkynes via CO2 Insertion(共著)¸Org. Lett.¸19巻4号854頁-857頁¸2017年02月
4 Tatsuya Yamahira, Ryo Ninokata, Gen Onodera, Masanari Kimura:Ni-Catalyzed Three-component Coupling of 4-Methylene-2-oxazolidinones, Alkynes, and Trimethylaluminum(共著)¸Heterocycles¸95巻2号722頁-729頁¸2016年12月
5 Ryo Ninokata, Tatsuya Yamahira, Gen Onodera, Masanari Kimura:Nickel-Catalyzed CO2 Rearrangement of Enol Metal Carbonates for the Efficient Synthesis of β-Ketocarboxylic Acids(共著)¸Angew. Chem. Int. Ed.¸56巻1号208頁-211頁¸2016年12月
6 Yasuyuki Mori, Toshiki Kawabata, Gen Onodera, Masanari Kimura:Remarkably Selective Formation of Allenyl and Dienyl Alcohols via Ni-Catalyzed Coupling Reaction of Conjugated Enyne, Aldehyde, and Organozinc Reagents(共著)¸Synthesis¸48巻15号2385頁-2395頁¸2016年03月
7 Gen Onodera, Goki Hirata, Takanao Seike, Ryo Takeuchi, Masanari Kimura:Synthesis and X-ray Crystal Structure of Novel Cobalt(II) Complexes Having Oligopyridine Ligands(共著)¸Polyhedron¸112巻43頁-50頁¸2016年03月
8 Yasuko Yamada, Kaname Ohyama, Gen Onodera, Masami Kuriyama, Naoya Kishikawa, Naotaka Kuroda:Molecular-Shape Selectivity by Naphthalimido-Modified Silica Stationary Phases: Insight into the Substituents Effect of Naphthalene on Shape Recognition and π-π Interactions via Electrostatic Potential(共著)¸Journal of Chromatography A¸1425巻173頁-179頁¸2015年12月
9 Goki Hirata; Naoshi Yamada; Shohei Sanada; Gen Onodera; Masanari Kimura:Palladium-catalyzed [4 + 2] cycloaddition of aldimines and 1,4-dipolar equivalents via amphiphilic allylation(共著)¸Organic Letters¸17巻3号600頁-603頁¸2015年04月
10 Yuki Ohira; Takamichi Mori; Maya Hayashi; Gen Onodera; Masanari Kimura:Three-component coupling reaction of enynes, carbonyls, and organozinc reagents(共著)¸Heterocycles¸90巻2号832頁-841頁¸2015年04月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Palladium-Catalyzed Direct Allylic Substitution by Using Phosphine-Borane Ligand(招待講演) International Congress on Pure & Applied Chemistry 2018 (ICPAC 2018) 2018年03月
2 ホスフィン-ボラン化合物を配位子として活用したアリルアルコールのアリル位置換反応(招待講演) 分子研研究会 「若い世代が創る次世代型分子触媒の開発とその展望」 2016年11月
3 Iridium-Catalyzed [2+2+2] Cycloaddition of α,ω-Diynes with Nitriles: New Route to Oligoheteroarenes(招待講演) The 15th Asian Chemical Congress 2013年08月
4 パラジウム触媒を用いたトリヒドロキシベンゼンの直接的C-アリル化反応 日本化学会第94春季年会 2014年03月
5 Pd触媒を用いた第1級アルコールの酸化によるアルデヒド及びエステルへの選択的変換 日本化学会第94春季年会 2014年03月
6 パラジウム触媒を用いたニトリルへの双極的アリル化反応 日本化学会第94春季年会 2014年03月
7 オキサニッケラサイクル中間体を経由する環状カーボネート、アルキン及びジメチル亜鉛による多成分連結反応の立体制御 日本化学会第94春季年会 2014年03月
8 ニッケル触媒を用いた共役エンイン、アルデヒド及び有機亜鉛による高位置選択的3成分連結反応 日本化学会第94春季年会 2014年03月
9 オキサニッケラサイクル中間体を経由するジケテンとアルキンからの不飽和カルボン酸及びフェニル酢酸の位置及び立体選択的合成 日本化学会第94春季年会 2014年03月
10 ニッケル触媒を用いたジケテンの炭素-炭素二重結合の切断を伴う不飽和カルボン酸及びフェニル酢酸の選択的合成法の開発 日本化学会第94春季年会 2014年03月
教育情報
2017年度~継続中 有機化学IV (3年後期(6セメスター))
その他(自己PR)