研究者詳細情報
氏 名 山口 典之 ふりがな やまぐち のりゆき
英文名 YAMAGUCHI Noriyuki 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL 095-819-2751 FAX 095-819-2751
職 名 准教授 学位・資格 博士(理学)(2001年04月)
E-mail
Homepage http://www.necolab.org/
学歴 1996年03月 九州大学理学部生物学科卒業
1998年03月 九州大学理学研究科生物学専攻修士課程修了
2001年03月 九州大学理学研究科生物学博士課程修了
職歴 2002年04月~2005年03月 立教大学 日本学術振興会特別研究員(PD)
2005年04月~2006年03月 立教大学理学部 ポスドクフェロー
2006年04月~2007年03月 横浜国立大学環境情報研究院 技術補佐員
2007年04月~2008年03月 東京大学大学院農学生命科学研究科 科学技術振興特任研究員
2008年04月~2010年09月 東京大学大学院農学生命科学研究科 特任助教
2010年10月~継続中 長崎大学 環境科学部 環境保全設計学系 准教授
2015年04月~2017年03月 長崎大学 大学教育イノベーションセンター(教育開発推進機構) 准教授(兼務)
専門分野 生態・環境、生物多様性・分類、進化生物学
加入学会 日本生態学会、日本鳥学会(英文誌編集委員)
受賞歴 日本動物学会藤井良三賞(2009年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Elham Nourani, Karman Safi, Noriyuki M. Yamaguchi, Hiroyoshi Higuchi:Raptor migration in an oceanic flyway: wind and geography shape the migratory route of grey-faced buzzards in East Asia.(共著)¸Royal Society Open Science¸5巻171555頁-¸2018年03月
2 Elham Nourani, Noriyuki M. Yamaguchi, Hiroyoshi Higuchi:Climate change alters the optimal wind-dependent flight routes of an avian migrant.(共著)¸Proceeding of the Royal Society B ¸284巻20170149頁-¸2017年04月
3 Elham Nourani, Noriyuki M. Yamaguchi:The effect of atmospheric currents on the migratory behavior of soaring birds: a review(共著)¸Ornithological Science¸16巻1号5頁-15頁¸2017年01月
4 Atsuyoshi MANDA, Noriyuki M. YAMAGUCHI, Elham NOURANI, Yuzo ARISAWA:Atmospheric data for ornithology: an introduction(共著)¸Ornithological Science¸16巻1号43頁-49頁¸2017年01月
5 Noriyuki M. YAMAGUCHI, Emiko HIRAOKA, Naoya HIJIKATA, Hiroyoshi HIGUCHI:Migration routes of satellite-tracked Rough-legged Buzzards from Japan: the relationship between movement patterns and snow cover(共著)¸Ornithological Science¸16巻1号33頁-41頁¸2017年01月
6 江口和洋(編):鳥の行動生態学(共著)¸京都大学出版会¸2016年09月
7 Elham Nourani, Noriyuki M. Yamaguchi, Atsuyoshi Manda, Hiroyoshi Higuchi:Wind conditions facilitate the seasonal water-crossing behaviour of Oriental Honey-buzzards over the East China Sea(共著)¸Ibis¸158巻506頁-518頁¸2016年06月
8 Noriyuki M. Yamaguchi, Tomokiho Iida, Yutaka Nakamura, Hiroto Okabe, Kazuhisa Oue, Takashi Yamamoto, Hiroyoshi Higuchi:Seasonal movements of Japanese Murrelets revealed by geolocators(共著)¸Ornithological Science¸15巻6号47頁-54頁¸2016年01月
9 Jerry W. Hupp, Sergei Kharitonov, Noriyuki M. Yamaguchi, Kiyoaki Ozaki, Paul L. Flint, John M. Pearce, Ken-Ichi Tokita, Tetsuo Shimada, Hiroyoshi Higuchi:Evidence that dorsally mounted satellite transmitters affect migration chronology(共著)¸Journal of Ornithology¸156巻4号977頁-989頁¸2015年04月
10 Masaoki Takagi, Takema Saitoh, Noriyuki Yamaguchi, Hiroto Okabe, Isao Nishiumi, and Masayoshi Takeishi: A breeding record of the Ryukyu Scops Owl on Okinoshima, in northernmost Fukuoka, Japan.(共著)¸Ornithological Science¸14巻1号53頁-59頁¸2015年01月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 鳥と虫におけるけんかの解析:2 個体による闘争の勝敗(その他) 日本生態学会第 58 回大会 2011年03月
2 ハチクマの渡り経路解析(招待講演) バイオロギング研究会第 6 回シンポジウム 2010年07月
3 地球規模で行う観察研究、渡り鳥の衛星追跡:どこを渡るのか、何故そこを渡るのか(招待講演) 日本動物学会九州支部(第 63 回)・日本植物学会九州支部(第 60 回)・日本生態学会九州地区(第 55 回)合同福岡大会特別講演 2010年05月
4 Why do Oriental honey-buzzards select diffrent routes when traveling around the East China Sea?(招待講演) International Conference on the Migration and Biology of Honey Buzzards 2009年09月
教育情報
2015年度~継続中 生物多様性・生体影響基礎実験 (2年後期(4セメスター)¸週12コマ¸担当割合10.00%)
2015年度~継続中 生態学 II (2年前期(3セメスター)¸週8コマ¸担当割合60.00%)
2015年度~継続中 生物多様性演習 B (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 生物多様性演習 A (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 進化生態学 (2年後期(4セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 環境フィールド演習 II (2年通年(3、4セメスター)¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 環境生物学 II (2年前期(3セメスター)¸週8コマ¸担当割合60.00%)
2015年度~継続中 学際基礎演習 I (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合30.00%)
2014年度~継続中 動物生態学特講 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2014年度~継続中 動物生態学特論 (DC1年前期(DC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)