研究者詳細情報
氏 名 松丸 一朗 ふりがな まつまる いちろう
英文名 MATSUMARU Ichiro 生年月 1976-08
所 属 病院 心臓血管外科
TEL 095-819-7307 FAX 095-819-7311
職 名 助教 学位・資格 博(医歯薬)甲(2014年02月)
医師(2002年05月)
BLSプロバイダー(2008年07月)
ACLSプロバイダー(2008年08月)
TOEIC 630点(2009年03月)
外科専門医(2010年12月)
日本心臓血管外科専門医(2012年01月)
E-mail
Homepage http://www.nagasaki-cvs.com/
学歴 2002年03月 長崎大学医学部医学科卒業
2014年02月 長崎大学医学研究科医療科学専攻博士課程修了
職歴 2009年06月~2011年05月 長崎大学 医学研究科 助教
2014年03月~継続中 長崎大学 助教
専門分野 胸部外科学
加入学会 日本冠動脈外科学会、日本循環器学会、日本血管外科学会、日本心臓血管外科学会、日本胸部外科学会、日本外科学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
僧帽弁変性性疾患の病理組織学的検討
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Matsumaru I, Eishi K, Hashizume K, Kawano H, Tsuneto A, Hayashi T.:Clinical and Pathological Features of Degenerative Mitral Valve Disease: Billowing Mitral Leaflet Versus Fibroelastic Deficiency. ¸Ann Thorac Cardiovasc Surg. ¸¸2013年11月
2 Matsumaru I, Hashizume K, Ariyoshi T, Izumi K, Onohara D, Nakaji S, Sumi M, Eishi K, Tsuneto A, Hayashi T. :Characteristics and treatment strategies of mitral regurgitation associated with undifferentiated papillary muscle. ¸Gen Thorac Cardiovasc Surg.¸60巻7号406頁-410頁¸2012年03月
3 松丸一朗、高井秀明、山田卓史:バスキュラーアクセス閉塞に対する外科的治療戦略¸日本血管外科学会雑誌¸18巻5号539頁-545頁¸2009年05月
4 松丸一朗,江石清行,山近史郎,山口博一郎,多田誠一,山根健太郎,泉賢太,高井秀明,谷川和好,小野原大介:自家骨髄単核球細胞移植を施行したBuerger病の2例-当院に於ける再建不可能な虚血下肢への血管新生療法(再生医療)導入への試み-.¸長崎医学会雑誌¸81巻3号111頁-114頁¸2006年07月
5 松丸一朗、江石清行、山近史郎、迫史朗、有吉毅子男、高井秀明、中路俊、安倍邦子、 林徳真吉:Freestyle生体弁移植後の弁輪部狭窄に対し大動脈弁輪拡大術を併用施行した大動脈弁再置換術の1例 ¸日本心臓血管外科学会雑誌¸33巻6号425頁-428頁¸2004年11月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 僧帽弁退行性病変における病理組織所見の検討(ポスター) 日本心臓血管外科学会 2010年02月
2 リステリアによる感染性胸腹部大動脈瘤切迫破裂に対してRifampicin浸漬人工血管置換術と大網充填術を施行した一例(ポスター) 第45回日本血管外科学会学術総会 2017年04月
3 THE ROUTINE PRE AND POST- OPERATIVE ORAL CARE DECREASE THE RISK OF POSTOPERATIVE INFECTION IN CARDIAC SURGERY(ポスター) アジア心臓血管外科学会 2014年04月
4 内シャント不全に対する外科的治療戦略 日本血管外科学会総会 2009年05月
5 当院における下肢閉塞性動脈硬化症複合病変に対する血管内治療併用ハイブリッド血行再建術の経験-低侵襲血管外科手術への工夫- PADフォーラム2008 2008年11月
6 凝固線溶異常を合併した腹部大動脈瘤の一治験例 日本血管外科学会九州地方会 2008年08月
7 AR を合併した巨大バルサルバ洞動脈瘤破裂の1治験例 日本胸部外科学会九州地方会 2007年07月
8 OPCAB に於けるEnclose 2 を用いた中枢側吻合-side clamp との比較 第12 回日本冠動脈外科学会学術大会 2007年07月
9 糖尿病合併患者に冠動脈バイパス術後コハク酸シベンゾリン投与にて低血糖発作を繰り返した1例 日本循環器病学会九州地方会 2007年06月
10 当院における内シャント不全に対する外科的治療戦略(ポスター) 日本血管外科学会総会 2007年05月
教育情報
その他(自己PR) 年間150~200例の心・大血管手術に参加し、特に僧帽弁逸脱症の病態生理・病理学的背景に関して幅広い知識を有する。