研究者詳細情報
氏 名 富永 淳也 ふりがな とみなが じゅんや
英文名 TOMINAGA Junya 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7669 FAX 095-819-7670
職 名 助教 学位・資格 博士(歯学)(2009年03月)
歯科医師(2005年05月)
日本矯正歯科学会認定医(2010年09月)
E-mail
Homepage
学歴 2005年03月 長崎大学歯学部卒業
2009年03月 長崎大学歯学研究科博士課程修了
職歴 2009年04月~2009年06月 長崎大学 研究員
2009年07月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 助教
2011年10月~2013年09月 ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン(ドイツ・ボン大学) 客員研究員
専門分野 矯正・小児系歯学
加入学会 日本矯正歯科学会、九州矯正歯科学会(九州矯正歯科学会IT委員会委員、九州矯正歯科学会学会誌編集委員)
受賞歴 第68回日本矯正歯科学会大会「学術大会優秀発表賞」受賞(2009年11月)
日本矯正歯科学会学術奨励賞受賞(2010年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Hamanaka R, Yamaoka S, Nguyen Anh T, Tominaga J, Koga Y, Yoshida N:Development of a numerical simulation model for long-term orthodontic tooth movement with contact boundary conditions using the finite element method(共著)¸American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics¸¸2017年03月
2 Kondo T, Hotokezaka H, Hamanaka R, Hashimoto M, Nakano-Tajima T, Arita K, Kurohama T, Ino A, Tominaga J, Yoshida N:Types of tooth movement, bodily or tipping, do not affect the displacement of the tooth’s center of resistance but do affect the alveolar bone resorption(共著)¸The Angle Orthodontist¸¸2016年12月
3 Tominaga J, Ozaki H, Chiang PC, Sumi M, Tanaka M, Koga Y, Bourauel C, Yoshida N.: Innovative design of closing loops producing an optimal force system applicable in the 0.022-in bracket slot system(共著)¸American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics¸150巻6号968頁-978頁¸2016年05月
4 Rokutanda H, Koga Y, Yanagida H, Tominaga J, Fujimura Y, Yoshida N:Effect of power arm on anterior tooth movement in sliding mechanics analyzed using a three-dimensional digital model(共著)¸Orthodontic Waves ¸74巻4号93頁-98頁¸2015年07月
5 Yanagida H, Koga Y, Rokutanda H, Tominaga J, Yoshida N:Qualitative and quantitative evaluation of central incisor movement by integration of three-dimensional images of dental cast and cephalogram(共著)¸Orthodontic Waves¸74巻3号62頁-68頁¸2015年04月
6 Chiang PC, Koga Y, Tominaga J, Ozaki H, Hamanaka R, Sumi M, Yoshida N:Effect of gable bend incorporated into loop mechanics on anterior tooth movement: Comparative study between en masse retraction and two-step retraction(共著)¸Orthodontic Waves¸¸2015年04月
7 Ozaki H, Tominaga J, Hamanaka R, Sumi M, Chiang PC, Tanaka M, Koga Y, Yoshida N:Biomechanical aspects of segmented arch mechanics combined with power arm for controlled anterior tooth movement: A three-dimensional finite element study(共著)¸Journal of Dental Biomechanics¸6巻1頁-6頁¸2014年12月
8 Tominaga J, Ozaki H, Chiang PC, Sumi M, Tanaka M, Koga Y, Bourauel C, Yoshida N.:Effect of bracket slot and archwire dimensions on anterior tooth movement during space closure in sliding mechanics: A three-dimensional finite element study.(共著)¸American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics¸¸2014年04月
9 Tominaga J, Chiang PC, Ozaki H, Tanaka M, Koga Y, Bourauel C, Yoshida N.:Effect of play between bracket and archwire on anterior tooth movement in sliding mechanics: A three-dimensional finite element study.(共著)¸Journal of Dental Biomechanics¸3巻1頁-8頁¸2012年10月
10 古賀義之,藤下あゆみ,尾崎博弥,中村 文,内海 大,富永淳也,松尾恭子,森田幸子,原 宏子,吉田教明:臼歯部の咬合高径が下顎前歯部の位置に及ぼす影響(共著)¸九州矯正歯科学会誌¸7巻1号11頁-18頁¸2011年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Effect of a compensating curve on controlled movement of the anterior teeth in sliding mechanics -Simulation for long-term tooth movement using finite element method-(ポスター) 2017 AAO Annual Session 2017年04月
2 矯正力による歯の移動ラットモデルを用いた歯根膜応力値と骨リモデリング量の相関 第12回九州矯正歯科学会 2017年03月
3 抜歯空隙閉鎖時におけるワイヤー結紮方法がトルクロスに与える影響‐有限要素法による経時的な移動動態解析‐ 第12回九州矯正歯科学会 2017年03月
4 0.022-inブラケットスロットシステムにおいて最適な力系を生じる画期的なクロージングループの有用性 第12回九州矯正歯科学会 2017年03月
5 超低出生体重児に対しHotz床を装着した片側性唇顎口蓋裂の1例(ポスター) 第12回九州矯正歯科学会 2017年03月
6 抜歯空隙閉鎖時におけるワイヤー結紮方法がトルクロスに与える影響‐有限要素法による経時的な移動動態解析‐(ポスター) 第12回九州矯正歯科学会学術大会 2017年03月
7 矯正力による歯の移動ラットモデルを用いた歯根膜応力値と骨リモデリング量の相関(ポスター) 第12回九州矯正歯科学会学術大会 2017年03月
8 歯根膜応力と骨リモデリングの相関‐ラットモデルを用いた有限要素解析‐ 第24回顎顔面バイオメカニクス学会 2016年11月
9 骨密度と骨リモデリング量の相関‐ラットモデルを用いた骨形態計測‐ 第24回顎顔面バイオメカニクス学会 2016年11月
10 前歯のen masse retractionにおける最適なコンペンセーティングカーブの大きさの検討 第75回日本矯正歯科学会学術大会 2016年11月
教育情報
2016年度~継続中 初年次セミナー (1年前期(1セメスター)¸週2コマ¸担当割合20.00%)
2014年度~継続中 成育歯学 (5年前期(9セメスター)¸週1コマ¸担当割合15.00%)
2014年度~継続中 学内早期体験実習 (1年前期(1セメスター)¸週4コマ¸担当割合20.00%)
2011年度~継続中 歯科矯正学講義 (その他¸週1コマ¸担当割合25.00%)
2010年度~継続中 特別実習後半 (5年後期(10セメスター)¸担当割合20.00%)
2010年度~継続中 特別実習前半 (5年前期(9セメスター)¸担当割合20.00%)
2010年度~継続中 臨床開始前実習 (5年前期(9セメスター)¸担当割合20.00%)
2010年度~継続中 歯科矯正学 (4年前期(7セメスター)¸週1コマ¸担当割合30.00%)
2010年度~2011年度 学内早期体験実習 (1年前期(1セメスター)¸週4コマ¸担当割合20.00%)
2009年度~2011年度 歯科矯正学講義 (その他¸週1コマ¸担当割合25.00%)
その他(自己PR)