研究者詳細情報
氏 名 蒔田 直昌 ふりがな まきた なおまさ
英文名 MAKITA Naomasa 生年月 1956-12
所 属 生命医科学域 
TEL 095-819-7031 FAX 095-819-7911
職 名 教授 学位・資格 博士(医学)(1987年03月)
医師(1983年05月)
E-mail
Homepage
学歴 1983年03月 北海道大学医学部医学科卒業
1987年03月 北海道大学医学研究科博士課程修了
職歴 1987年04月~1990年04月 北海道大学 医学部 循環器内科  ポスドク
1990年05月~1993年06月 Vanderbilt大学 医学部 ポスドク
1994年07月~1997年03月 Vanderbilt大学 医学部 助手
1997年04月~1999年06月 北海道大学 医学部 附属病院 医員
1999年07月~2000年03月 北海道大学 医学部 循環病態内科学 助手
2000年04月~2002年10月 北海道大学 大学院医学研究科 循環病態内科学 助手
2002年11月~2007年02月 北海道大学 医学部 講師
2007年03月~2008年04月 北海道大学病院 循環器科 講師
2008年05月~2009年04月 北海道大学 大学院医学研究科 循環病態内科学 准教授
2009年05月~継続中 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医療科学専攻 教授
専門分野 循環器内科学、生理学一般
加入学会 日本不整脈心電学会(理事)、日本生理学会(理事)、日本循環器学会(社員)、Heart Rhythm Society、American Heart Association、Cardiac Electrophysiology Society
受賞歴 かなえ医学奨励金(1987年10月)
American Heart Association, Grant-in-Aid, Tennessee Affiliate(1994年01月)
T氏記念奨学基金助成(1997年01月)
秋山記念生命科学振興財団 研究助成(奨励助成)(1997年09月)
第3回日本心電学会医科学応用研究財 団論文賞(2003年09月)
平成15年度臨床薬理研究振興財団 研究奨励賞(2003年12月)
武田科学振興財団 報彰基金 研究奨励(2004年09月)
2008年度 日本不整脈学会Original賞(2008年06月)
2009年度内藤記念科学振興財団研究助成(2009年06月)
先進医薬研究振興財団平成21年度循環医学分野 一般研究助成(2009年11月)
公益法人鈴木謙三記念医科学応用財団調査研究助成(2015年11月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
不整脈に対する臨床病態の解明に関する研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
致死性不整脈の分子遺伝学的研究
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yamagata K, Horie M, Aiba T, Ogawa S, Aizawa Y, Ohe T, Yamagishi M, Makita N, Sakurada H, Tanaka T, Shimizu A, Hagiwara N, Kishi R, Nakano Y, Takagi M, Makiyama T, Ohno S, Fukuda K, Watanabe H, Morita H, Hayashi K, Fukushima-Kusano K, Kamakura S, Yasuda S, Ogawa H, Y. M, Kapplinger J, Ackerman M, Shimizu W.:Genotype-phenotype correlation of SCN5A mutation for clinical and electrocardiographic characteristics of probands with Brugada syndrome: A Japanese multicenter registry.(共著)¸Circulation¸inpress巻inpress頁¸2017年05月
2 Yamamoto Y, Makiyama T, Harita T, Sasaki K, Wuriyanghai Y, Hayano M, Nishiuchi S, Kohjitani H, Hirose S, Chen J, Yokoi F, Ishikawa T, Ohno S, Chonabayashi K, Motomura H, Yoshida Y, Horie M, Makita N, Kimura T.:Allele-specific ablation rescues electrophysiological abnormalities in a human iPS cell model of long-QT syndrome with a CALM2 mutation. (共著)¸Hum Mol Genet¸inpress巻inpress頁¸2017年05月
3 Takahashi K, Ishikawa T, Makita N, Takefuta K, Nabeshima T, Nakayashiro M.:A novel de novo calmodulin mutation in a 6-year-old boy who experienced an aborted cardiac arrest.(共著)¸HeartRhythm Case Reports¸3巻69頁-72頁¸2017年03月
4 Ishikawa T, Ohno S, Murakami T, Yoshida K, Mishima H, Fukuoka T, Kimoto H, Sakamoto R, Ohkusa T, Aiba T, Nogami A, Sumitomo N, Shimizu W, Yoshiura KI, Horigome H, Horie M, Makita N.:Sick sinus syndrome with HCN4 mutations shows early onset and frequent association with atrial fibrillation and left ventricular noncompaction.(共著)¸Heart Rhythm¸inpress巻inpress頁¸2017年01月
5 Kuroda Y, Yuasa S, Watanabe Y, Ito S, Egashira T, Seki T, Hattori T, Ohno S, Kodaira M, Suzuki T, Hashimoto H, Okata S, Tanaka A, Aizawa Y, Murata M, Aiba T, Makita N, Furukawa T, Shimizu W, Kodama I, Ogawa S, Kokubun N, Horigome H, Horie M, Kamiya K, Fukuda K.:Flecainide ameliorates arrhythmogenicity through NCX flux in Andersen-Tawil syndrome-iPS cell-derived cardiomyocytes. (共著)¸Biochemistry and Biophysics Reports¸9巻245頁-256頁¸2017年01月
6 Okata S, Yuasa S, Suzuki T, Ito S, Makita N, Yoshida T, Li M, Kurokawa J, Seki T, Egashira T, Aizawa Y, Kodaira M, Motoda C, Yozu G, Shimojima M, Hayashiji N, Hashimoto H, Kuroda Y, Tanaka A, Murata M, Aiba T, Shimizu W, Horie M, Kamiya K, Furukawa T, Fukuda K.:Embryonic type Na+ channel beta-subunit, SCN3B masks the disease phenotype of Brugada syndrome.(共著)¸Sci Rep¸6巻34198頁¸2016年09月
7 Yagihara N, Watanabe H, Barnett P, Duboscq-Bidot L, Thomas AC, Yang P, Ohno S, Hasegawa K, Kuwano R, Chatel S, Redon R, Schott JJ, Probst V, Koopmann TT, Bezzina CR, Wilde AA, Nakano Y, Aiba T, Miyamoto Y, Kamakura S, Darbar D, Donahue BS, Shigemizu D, Tanaka T, Tsunoda T, Suda M, Sato A, Minamino T, Endo N, Shimizu W, Horie M, Roden DM, Makita N.:Variants in the SCN5A Promoter Associated With Various Arrhythmia Phenotypes.(共著)¸J Am Heart Assoc¸5巻9号e003644頁¸2016年09月
8 Ishikawa T, Tsuji Y, Makita N.:Inherited bradyarrhythmia: A diverse genetic background.(共著)¸J Arrhythmia¸32巻5号352頁-358頁¸2016年09月
9 Daumy X, Amarouch MY, Lindenbaum P, Bonnaud S, Charpentier E, Bianchi B, Nafzger S, Baron E, Fouchard S, Thollet A, Kyndt F, Barc J, Le Scouarnec S, Makita N, Le Marec H, Dina C, Gourraud JB, Probst V, Abriel H, Redon R, Schott JJ. :Targeted resequencing identifies TRPM4 as a major gene predisposing to progressive familial heart block type I.(共著)¸Int J Cardiol¸207巻349頁-358頁¸2016年05月
10 Nademanee K, Raju H, de Noronha SV, Papadakis M, Robinson L, Rothery S, Makita N, Kowase S, Boonmee N, Vitayakritsirikul V, Ratanarapee S, Sharma S, van der Wal AC, Christiansen M,Tan HL, Wilde AA, Nogami A, Sheppard MN, Veerakul G, Behr ER:Fibrosis, connexin-43, and conduction abnormalities in the Brugada syndrome(共著)¸J Am Coll Cardiol¸66巻18号1976頁-1986頁¸2015年11月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 De novo and Familial Connexin45 Mutant R75H Causes Progressive Atrioventricular Block Associated with Craniofacial and Dentodigital Dysmorphisms(招待講演) Printemps de la Cardiologie Recherche Fondamentale et Clinique 2017年04月
2 Brugada Syndrome: Basic and Clinical Updates, Advancement of Basic Research(招待講演) 13th Annual Congress European Cardiac Arrhythmia Society 2017年04月
3 Calmodulin Mutations Responsible for Long QT Syndrome and Functional Rescue using a CRISPR/Cas9 System.(招待講演) 第94回日本生理学会大会. 2017年03月
4 Mutations in Desmin Gene Uncover Phenotypic Overlap between Progressive Cardiac Conduction Defect with Muscular Dystrophy and Cardiomyopathy. 第81回日本循環器学会学術集会. 2017年03月
5 Allele-specific ablation rescues electrophysiological abnormalities in a human iPS cell model of long-QT syndrome with a CALM2 mutation. 第81回日本循環器学会学術集会. 2017年03月
6 Genotype-Phenotype Correlation of SCN5A Mutations for the Clinical and Electrocardiographic Characteristics of Probands with Brugada Syndrome: A Japanese Multicenter Registry. 第81回日本循環器学会学術集会. 2017年03月
7 Genetic-based risk stratification for cardiac disorders in LMNA mutation carriers. 第81回日本循環器学会学術集会. 2017年03月
8 Genetics of Familial Atrial Fibrillation.  第81回日本循環器学会学術集会. 2017年03月
9 Mutation Spot-sensitive Clinical Features and Risk of Life-threatening Arrhythmia in Long QT Syndrome Type 1 in Japan. 第81回日本循環器学会学術集会. 2017年03月
10 心筋Naチャネル病の新展開.(招待講演) 第15回平岡不整脈研究会. 2016年12月
教育情報
2015年度 内臓機能・体液系Ⅰ (1年後期(2セメスター))
2015年度 内臓機能・体液系Ⅱ (2年前期(3セメスター))
2015年度 循環器系 (3年前期(5セメスター))
2015年度 人間生物学 (1年前期(1セメスター))
2009年度 循環器系 (3年後期(6セメスター))
2009年度 内臓機能・体液系 (2年通年(3、4セメスター))
その他(自己PR)