研究者詳細情報
氏 名 山口 直之 ふりがな やまぐち なおゆき
英文名 YAMAGUCHI Naoyuki 生年月
所 属 病院 光学医療診療部
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 医学博士(2009年03月)
医師(1998年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1998年03月 長崎大学医学部卒業
2009年03月 長崎大学医学系研究科博士課程修了
職歴 2008年04月~2015年06月 長崎大学 医学部附属病院 助教
2013年04月~継続中 東京女子医科大学 外部研究生 研究員
2015年07月~2018年03月 長崎大学 病院 光学医療診療部 病院講師
2018年04月~継続中 長崎大学 病院 光学医療診療部 准教授
専門分野
加入学会 日本食道学会
受賞歴 JDDW2010ポスター優秀演題賞 (2010年10月)
日本消化管学会最優秀賞(臨床部門)(2011年02月)
JDDW2016ポスター優秀演題賞(2016年11月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
食道ESD後狭窄に対する移送を伴った口腔粘膜細胞シート移植の有用性の検討
食道ESD後狭窄に対するステロイド投与の有用性
食道表在癌ESD後の長期予後
炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)の病態におけるディフェンシンの関与の解明
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yamaguchi N, Isomoto H, Kobayashi S, Kanai N, Kanetaka K, Sakai Y, Kasai Y, Takagi R, Ohki T, Fukuda H, Kanda T, Nagai K, Asahina I, Nakao K, Yamato M, Okano T, Eguchi S.:Oral epithelial cell sheets engraftment for esophageal strictures after endoscopic submucosal dissection of squamous cell carcinoma and airplane transportation.(共著)¸Scientific reports¸7巻1号17460頁¸2017年12月
2 Yamaguchi N, Isomoto H, Kobayashi S, Kanai N, Kanetaka K, Sakai Y, Kasai Y, Takagi R, Ohki T, Fukuda H, Kanda T, Nagai K, Asahina I, Nakao K, Yamato M, Okano T, Eguchi S.:Oral epithelial cell sheets engraftment for esophageal strictures after endoscopic submucosal dissection of squamous cell carcinoma and airplane transportation.(共著)¸Scientific reports¸7巻1号17460頁¸2017年12月
3 山口直之,大仁田 賢,中尾一彦,江口 晋,磯本 一,金井信雄,大木岳志,大和雅之:ESD周術期管理「食道」(共著)¸ESD手技ダイジェスト¸107頁-119頁¸2017年10月
4 山口直之,中尾一彦,江口 晋,磯本 一:食道ESD後狭窄予防治療の課題と展望-狭窄予防治療抵抗性因子とステロイド経口+局注併用療法の有用性-(共著)¸日本消化器病学会雑誌¸59巻10号2535頁-2545頁¸2017年10月
5 山口直之,大仁田 賢,中尾一彦,江口 晋,磯本 一,金井信雄,大木岳志,大和雅之:術後管理(1)食道ESD後狭窄に対する治療戦略—狭窄予防治療抵抗性因子とステロイド経口+局注併用療法の有用性(共著)¸臨牀消化器内科¸32巻4号473頁-484頁¸2017年04月
6 山口直之,磯本 一,井上直樹,荻原久美,中鋪 卓,橋口慶一,松島加代子,南 ひとみ,赤澤祐子,大仁田 賢,竹島史直,宿輪三郎,中尾一彦:【消化器治療・最前線】食道癌に対する光線力学療法(PDT) 化学放射線療法後遺残再発食道癌に対するサルベージPDTの可能性(共著)¸Medical Photonics¸22号35頁-42頁¸2016年07月
7 山口直之, 磯本 一, 福田浩子, 卜部繁俊, 庄司寛之, 松島加代子, 南 ひとみ, 赤澤祐子, 大仁田 賢, 竹島史直, 宿輪三郎, 中尾一彦, 小林慎一朗, 金高賢悟, 江口 晋, 金井信雄, 大木岳志, 大和雅之, 岡野光夫:食道表在癌に対する内視鏡治療戦略(共著)¸癌の臨床¸61巻3号165頁-183頁¸2015年06月
8 山口直之, 磯本 一, 中尾一彦:食道ESD(先端系)(共著)¸消化器内視鏡¸27巻2号190頁-193頁¸2015年02月
9 山口直之, 磯本 一, 中尾一彦, 大和雅之:【スキルアップESD】代表的な食道ESD後狭窄の予防法(共著)¸消化器内視鏡¸26巻9号1264頁-1270頁¸2014年09月
10 山口直之, 福田浩子, 磯本 一, 南 ひとみ, 松島加代子, 赤澤祐子, 大仁田 賢, 竹島史直, 宿輪三郎, 中尾一彦:抗血小板薬内服継続下および抗凝固薬•ヘパリン置換法下大腸ESDの治療成績−PGAフェルト+フィブリン糊被覆法を用いた新たな後出血予防対策(共著)¸INTESTINE¸18巻5号507頁-515頁¸2014年09月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 食道ESD後狭窄予防治療抵抗性症例に対するSH経口+局注併用療法と狭窄症例に対するEBD+SH経口投与併用療法の有用性の検討(シンポジスト) 第105回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 2018年06月
2 食道ESD後狭窄予防治療抵抗性症例に対するSH経口+局注併用療法と狭窄例に対するEBD+SH経口投与併用療法の有用性の検討(その他) 第95回日本消化器内視鏡学会総会 2018年05月
3 化学放射線療法後の局所遺残/再発食道癌に対するサルベージ内視鏡治療(ESD/PDT)(シンポジスト) 第104回日本消化器病学会総会 2018年04月
4 食道表在癌に対する内視鏡治療の現状と今後の展望(招待講演) 日本消化器病学会九州支部 第23回教育講演会 2018年03月
5 Cell sheet transplantation and steroid therapy to manage a severe stricture after circumferential mucosal resection in the esophagus(招待講演) The 25th United European Gastroenterology Week 2017年11月
6 Esophageal cancer Endoscopic treatment: East(招待講演) The 25th United European Gastroenterology Week 2017年11月
7 抗血栓薬継続下ESDにおけるPGAフェルト+フィブリン糊被覆法の後出血予防効果と限界(シンポジスト) 第59回日本消化器病学会大会 2017年10月
8 抗血栓薬継続下大腸ESDに対するPGAフェルト+フィブリン糊被覆法を用いた後出血予防対策(シンポジスト) 第59回日本消化器病学会大会 2017年10月
9 抗血栓薬継続下大腸ESDの治療成績-PGAフェルト+フィブリン糊被覆法を用いた後出血予防対策-(シンポジスト) 第103回日本消化器病学会総会 2017年04月
10 部分的筋層欠損を伴った食道表在癌に対し全周ESDを施行し穿孔なく治療し得た1例(シンポジスト) 第13回日本消化管学会総会学術集会 2017年02月
教育情報
2018年度 大腸腫瘍①②③ (3年後期(6セメスター)¸週3コマ)
2018年度 胃・十二指腸疾患②③ (3年後期(6セメスター)¸週2コマ)
2018年度 消化管内視鏡 (3年後期(6セメスター))
2018年度 内視鏡学診断総論 (4年後期(8セメスター)¸週2コマ)
2017年度 大腸疾患(腫瘍) (3年前期(5セメスター))
2016年度 大腸疾患(腫瘍) (3年前期(5セメスター))
2015年度 大腸疾患(腫瘍) (3年前期(5セメスター))
2014年度 大腸疾患(腫瘍) (4年前期(7セメスター))
2014年度 大腸疾患(腫瘍) (3年前期(5セメスター))
2013年度 消化器病学 大腸腫瘍Ⅰ(大腸癌) (4年前期(7セメスター))
その他(自己PR)