研究者詳細情報
氏 名 三浦 崇 ふりがな みうら たかし
英文名 MIURA Takashi 生年月
所 属 生命医科学域 
TEL FAX
職 名 講師 学位・資格 医学博士(2007年12月)
医師(2000年07月)
E-mail
Homepage
学歴 2000年03月 新潟大学医学部卒業
職歴
専門分野
加入学会 日本循環器学会、日本心臓血管外科学会、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本血管外科学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Matsukuma S, Inoue T, Tanigawa K, Miura T, Matsumaru I, Sumi M, Murakami T, Obase K, Eishi K.:Valve-sparing aortic root re-implantation for commissural detachment with fibrous strand.(共著)¸General Thoracic and Cardiovascular Surgery¸¸2017年04月
2 Sumi M, Hashizume K, Miura T, Tanigawa K, Matsukuma S, Eishi K, Ikeda S, Maemura K, Ashizawa N, Araki O.:Surgical repair of pulmonary artery dissection in a patient with 10-year history of Takayasu's arteritis.(共著)¸General Thoracic and Cardiovascular Surgery¸64巻12号745頁-748頁¸2016年12月
3 Matsukuma S, Eishi K, Tanigawa K, Miura T, Matsumaru I, Hisatomi K, Tsuneto A.:Afebrile Pannus-Induced Blood Culture-Negative Mechanical Valve Endocarditis.(共著)¸Annlus of Thoracic Surgery¸102巻6号e511頁-e513頁¸2016年12月
4 Hara R, Matsumoto K, Yamasaki N, Tsuchiya T, Miyazaki T, Eishi K, Miura T, Nagayasu T.:Two cases of lung herniation treated by surgery or observation.(共著)¸General Thoracic and Cardiovascular Surgery¸64巻10号629頁-632頁¸2016年10月
5 Yokose S, Miura T, Hashizume K, Hisata Y, Hisatomi K, Tanigawa K, Eishi K.:Long-Term Quality of Life after Cardiac and Thoracic Aortic Surgery for Very Elderly Patients 85 Years or Older.(共著)¸Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery¸22巻5号298頁-303頁¸2016年10月
6 Tsuneto A, Eishi K, Miura T, Tanigawa K, Matsukuma S, Minami T, Koide Y, Ikeda S, Kawano H, Maemura K.:Comparison of saddle-shape flexibility and elliptical-shape stability between Cosgrove-Edwards and Memo-3D annuloplasty rings using three-dimensional analysis software.(共著)¸General Thoracic and Cardiovascular Surgery¸64巻6号325頁-332頁¸2016年06月
7 Miura T, Tanigawa K, Matsukuma S, Matsumaru I, Hisatomi K, Hazama S, Tsuneto A, Eishi K.:A right thoracotomy approach for mitral and tricuspid valve surgery in patients with previous standard sternotomy: comparison with a re-sternotomy approach.(共著)¸General Thoracic and Cardiovascular Surgery¸64巻6号315頁-324頁¸2016年06月
8 Hashizume K, Sumi M, Tanigawa K, Miura T, Matsukuma S, Matsumaru I, Eishi K.:Surgical Procedure Using the Elephant Trunk Technique at All Anastomotic Sites for Acute Type A Aortic Dissection(共著)¸胸部外科¸69巻4号263頁-267頁¸2016年04月
9 Matsukuma S, Eishi K, Tanigawa K, Miura T, Matsumaru I, Hisatomi K, Tsuneto A.:Swinging Calcified Amorphous Tumors With Related Mitral Annular Calcification.(共著)¸The Annals of Thoracic Surgery¸101巻4号e103頁-e105頁¸2016年04月
10 Hisatomi K, Hashizume K, Tanigawa K, Miura T, Matsukuma S, Yokose S, Kitamura T, Shimada T, Eishi K.:Free-floating left atrial ball thrombus after mitral valve replacement with patent coronary artery bypass grafts: successful removal by a right minithoracotomy approach without aortic cross-clamp.(共著)¸General Thoracic Cardiovascular Surgery¸64巻6号333頁-336頁¸2016年03月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 両尖逸脱のBarlow症候群に対する3角切除を中心としたLeaflet Restoration法(その他) 第65回日本胸部外科学会 2012年10月
2 前尖の弁尖切除を中心としたLeaflet Restoration法 第65回日本胸部外科学会 2012年10月
3 大動脈弁置換術における人工弁周囲逆流の検討(ポスター) 第65回日本胸部外科学会 2012年10月
教育情報
その他(自己PR)