研究者詳細情報
氏 名 小畑 陽子 ふりがな おばた ようこ
英文名 OBATA Yoko 生年月 1975-12
所 属 病院 医療教育開発センター
TEL 095-819-7273 FAX 095-849-7285
職 名 准教授 学位・資格 博士(医学)(2005年05月)
医師
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
日本腎臓学会指導医
日本透析医学会指導医
日本内科学会認定内科医(2003年07月)
臨床研修指導医(2009年01月)
E-mail
Homepage
学歴 2000年03月 長崎大学医学部卒業
2005年05月 長崎大学医学系研究科博士課程修了
職歴 2005年05月~2006年03月 長崎大学医学部・歯学部附属病院第2内科 職員(医療系)
2006年04月~2008年03月 北松中央病院 職員(医療系)
2008年04月~2008年09月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 助教
2008年10月~2014年03月 長崎大学 病院 医療教育開発センター 助教
2014年04月~継続中 長崎大学 病院 医療教育開発センター 准教授
専門分野 腎臓内科学
加入学会 日本医学教育学会、日本腎臓学会(サポーター制度支援委員会委員)、日本透析医学会(腹膜透析ガイドライン作成委員会委員)、日本内科学会
受賞歴 第11回バクスターPD研究基金 熊野賞(2004年06月)
第10回日本腹膜透析研究会優秀ポスター賞(2004年09月)
EuroPD 2005 Best basic science oral(2005年10月)
第55回日本腎臓学会優秀演題賞(2012年05月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
Japan Fluid Study
腎・腹膜線維症における遺伝子治療の試み
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
腎・腹膜線維化に対するメカニズム・治療
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Kamijo M, Kitamura M, Muta K, Uramatsu T, Obata Y, Nozu K, Kaito H, Iijima K, Mukae H, Nishino T:A case of mild phenotype Alport syndrome caused by COL4A3 mutations.(共著)¸CEN Case Rep¸6巻2号189頁-193頁¸2017年11月
2 足立美沙, 北村峰昭, 梅根隆介, 上条将史, 南 香名, 橋口麻夕子, 川﨑智子, 山下 裕, 小畑陽子, 一ノ瀬 浩, 田所正人, 西野友哉:血液透析患者における2週に1回の鉄剤投与の試み.(共著)¸腎と透析¸83巻4号633頁-636頁¸2017年10月
3 北村峰昭, 鳥越未来, 太田祐樹, 山下 裕, 小畑陽子, 中西裕美, 古谷順也, 花田浩和, 望月保志, 錦戸雅春, 酒井英樹, 迎 寛, 西野友哉:当院の腎移植患者における塩分摂取量の検討.(共著)¸日本臨床腎移植学会雑誌¸5巻1号28頁-33頁¸2017年07月
4 北村峰昭, 浦松 正, 小畑陽子, 西野友哉:BIO Clinica(共著)¸北隆館¸2017年05月
5 Oka S, Obata Y, Sato S, Torigoe K, Sawa M, Abe S, Muta K, Ota Y, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Uramatsu T, Mukae H, Nishino T:Serum Endocan as a Predictive Marker for Decreased Urine Volume in Peritoneal Dialysis Patients.(共著)¸Med Sci Monit¸23巻3号1464頁-1470頁¸2017年03月
6 Oka S, Obata Y, Sato S, Torigoe K, Sawa M, Abe S, Muta K, Ota Y, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Uramatsu T, Mukae H, Nishino T.:Serum Endocan as a Predictive Marker for Decreased Urine Volume in Peritoneal Dialysis Patients.(共著)¸Medical Science Monitor¸23号1464頁-1470頁¸2017年03月
7 Yamashita A, Arai H, Torigoe K, Muraya Y, Nakashima M, Obata Y, Nishino T:A case of minimal change nephrotic syndrome complicated by ovarian vein thrombosis.(共著)¸Acta medica Nagasakiensia¸61巻1号41頁-44頁¸2017年01月
8 Uramatsu T, Obata Y, Kamijo M, Muta K, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Nishikido M, Mukae H, Nishino T:A case report validating the usefulness of cell-free and concentrated ascites reinfusion therapy for the treatment of exacerbation of chronic renal failure caused by lymphorrhea after surgery for bile duct cancer.(共著)¸Acta medica Nagasakiensia¸61巻1号17頁-21頁¸2017年01月
9 山下 裕, 小畑陽子, 宮崎正信, 西野友哉:腎と透析(共著)¸東京医学社¸2017年01月
10 Oka S, Obata Y, Torigoe K, Torigoe M, Abe S, Muta K, Ota Y, Kitamura M, Kawasaki S, Hirose M, Uramatsu T, Yamashita H, Arai H, Mukae H, Nishino T.:A Comparative Study of the Hemoglobin-Maintaining Effects Between Epoetin-β Pegol and Darbepoetin-α in Patients with Chronic Kidney Disease During 3 Months Before Dialysis Initiation.(共著)¸Drugs R D¸17巻3号389頁-396頁¸2017年01月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 インフルエンザ感染症を機に黄紋筋融解症と急性腎不全を来した1例 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
2 腹膜透析(PD)歴9年で被嚢性腹膜硬化症(EPS)を発症し、腹膜洗浄とステロイド投与で良好な経過をたどった一例 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
3 当院における腹膜透析関連腹膜炎の現状 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
4 移植前血清リン濃度は移植腎予後に影響する 第51回日本臨床腎移植学会 2018年02月
5 推定塩分摂取量の提示は患者教育に有用か? 第51回日本臨床腎移植学会 2018年02月
6 インフルエンザ感染症を機に黄紋筋融解症と急性腎不全を来した1例 第320回日本内科学会九州地方会 2018年01月
7 Prothymosin Alpha-Derived Peptide Prevents Cisplatin-Induced AKI (ポスター) American Society of Nephrology (ASN:米国腎臓学会) 2017年10月
8 Hemodialysis (HD) Treatment Can Improve Taste Sensitivity to Salt – Assessment by the Filter Paper Disc (FPD) Method(ポスター) American Society of Nephrology (ASN:米国腎臓学会) 2017年10月
9 Peritoneal Dialysis Modality Is Independently Associated with Salty Taste Impairment in Patients with ESRD(ポスター) American Society of Nephrology (ASN:米国腎臓学会) 2017年10月
10 Clinicopathological Findings of IgA Nephropathy with Subepithelial Deposits(ポスター) American Society of Nephrology (ASN:米国腎臓学会) 2017年10月
教育情報
2017年度~継続中 卒前集中講義:電解質異常 (6年後期(12セメスター))
2015年度~継続中 臨床実習入門 (4年後期(8セメスター))
2013年度~継続中 腎泌尿器系 (4年前期(7セメスター))
2010年度 分子病態系 (3年前期(5セメスター))
2008年度~継続中 診断学各論:腎疾患 (4年後期(8セメスター))
その他(自己PR)