研究者詳細情報
氏 名 宮明 寿光 ふりがな みやあき ひさみつ
英文名 MIYAAKI Hisamitsu 生年月
所 属 病院 消化器内科
TEL FAX
職 名 助教 学位・資格 博士(医学)(2007年03月)
医師(1997年05月)
E-mail
Homepage
学歴 1997年03月 長崎大学医学部卒業
2007年03月 長崎大学医学研究科博士課程修了
職歴 1997年05月~1998年05月 長崎大学 医学部附属病院 医員(研修医)
2006年01月~2007年03月 長崎大学 医学部附属病院 医員
2007年12月~2008年09月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 助教
2008年10月~継続中 長崎大学 病院 助教
専門分野 消化器内科学
加入学会 日本消化器病学会、日本肝臓病学会、日本消化器内視鏡学会、JBCT日本癌治療認定医機構、日本内科学会
受賞歴 肝臓学会研究奨励賞(2010年06月)
2013 High Citation Award 「Hepatology Research」(2013年05月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Miyaaki H, Miuma S, Taura N, Shibata H, Soyama A, Hidaka M, Takatsuki M,: PNPLA3 as a liver steatosis risk factor following living-donor liver transplantation for hepatitis C(共著)¸Hepatol Res¸2018巻48号E335頁-W339頁¸2018年02月
2 Miyaaki H, Takatsuki M, Ichikawa T, Hidaka M, Soyama A, Ohdan H, Inomata Y, :Intrahepatic MicroRNA Profile of Liver Transplant Recipients with Hepatitis C Virus Co-Infected with Human Immunodeficiency Virus(共著)¸ Ann Transplan¸2017巻22号701頁-706頁¸2017年11月
3 Miyaaki H, Nakao K.:Significance of genetic polymorphisms in patients with nonalcoholic fatty liver disease. (共著)¸Clin J Gastroenterol¸2017巻10号201頁-207頁¸2017年03月
4 Miyaaki H, Tamada Y, Hayashi K, Taura N, Miuma S, Shibata H, Soyama A, Hidaka M, Takatsuki M, Eguchi S, Nakao K. : Recurrent Hepatitis B and D Virus Infection in a Liver Transplant Recipient.(共著)¸Transplant Proc¸49巻01号175頁-177頁¸2017年01月
5 Miyaaki H, Ichikawa T, Taura N, Miuma S, Honda T, Shibata H, Toriyama K, Nakao K.: Significance of Hepatic Insulin Clearance in Patients with Chronic Hepatitis C and Non-alcoholic Fatty Liver Disease(共著)¸Intern Med ¸55巻1049頁-1054頁¸2016年09月
6 chikawa T, Taura N, Miuma S, Honda T, Shibata H, Soyama A, Hidaka M, Takatsuki M, Eguchi S, Nakao K:Impact of Donor and Recipient Single Nucleotide Polymorphisms in Living Liver Donor Transplantation for Hepatitis C(共著)¸Transplant Proc¸47巻2916頁-2919頁¸2015年12月
7 Miyaaki H, Nakamura Y, Ichikawa T, Taura N, Miuma S, Shibata H, Honda T, Nakao K: Predictive value of the efficacy of tolvaptan in liver cirrhosis patients using free water clearanc(共著)¸Biomed Rep¸;3巻884頁-886頁¸2015年11月
8 Miyaaki H, Ichikawa T, Kamo Y, Taura N, Honda T, Shibata H, et al.:Significance of serum and hepatic microRNA-122 levels in patients with non-alcoholic fatty liver disease(共著)¸liver international¸¸2014年04月
9 Taura N, Ichikawa T, Miyaaki H, Ozawa E, Tsutsumi T, Tsuruta S:Frequency of elevated biomarkers in patients with cryptogenic hepatocellular carcinoma¸Medical science monitor¸19巻742頁-750頁¸2013年09月
10 Miyaaki H, Ichikawa T, Taura N, Honda T, Shibata H, Akashi T, et al:Two difficulty diagnosis cases of severe veno-occlusive disease. (共著)¸The American journal of case reports.¸¸2013年03月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Significance of serum and hepatic microRNA-122 levels in patients with non-alcoholic fatty liver disease(ポスター) American Association for the Study of Liver Diseases  2013年11月
2 長崎大学消化器内科における医師獲得に向けた我々の試み(特別講演) 日本消化器病学会九州地方会 2010年11月
3 NAFLD(非アルコール性脂肪性肝障害)における門脈領域炎症細胞浸潤の意義(ポスター) 第52回 日本消化器病学会大会 2010年10月
4 C型慢性肝炎インターフェロン治療における治療抵抗因子(SOCS3、肝脂肪化、HCVコアアミノ酸変異)の検討(ポスター) 第14回肝臓学会大会 2010年10月
5 全県的な研修医教育及び獲得のためのスキルラボの応用(ポスター) 第42回日本医学教育学会大会 2010年07月
6 NAFLDの線維化信仰の危険群の検討~メタボリックシンドロームとの関係を中心に~ 第6回九州メタボリックシンドローム研究会 2010年06月
7 検査値異常から見た副作用について(特別講演) フィジカルアセスメント研究会 2010年05月
8 C型肝炎を考える(パネラー) C型肝炎を考える会 2010年04月
9 スキルラボを利用した後期研修医獲得の試み(ポスター) 第41回日本医学教育学会大会 2009年07月
教育情報
2010年度 診断学実習(消化器内科) (4年後期(8セメスター))
その他(自己PR)