研究者詳細情報
氏 名 山内 基弘 ふりがな やまうち もとひろ
英文名 YAMAUCHI Motohiro 生年月
所 属 原爆後障害医療研究所 放射線リスク制御部門
TEL FAX
職 名 助教 学位・資格 医学博士(2006年03月)
薬剤師(2000年04月)
放射線取扱主任者(第1~2種)(2007年03月)
E-mail
Homepage
学歴 2006年03月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線生物学博士課程修了
職歴
専門分野 放射線・化学物質影響科学
加入学会 日本分子生物学会、日本放射線影響学会(キャリアパス・男女共同参画員会委員)、日本癌学会、日本放射線安全管理学会
受賞歴 第15回国際放射線研究会議ポスター賞(ICRR2015 Excellent Poster Award)(2015年05月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Takaaki Yasuhara, Reona Kato, Yoshihiko Hagiwara, Bunsyo Shiotani, Motohiro Yamauchi, Shinichiro Nakada, Atsushi Shibata, Kiyoshi Miyagawa:Human Rad52 Promotes XPG-Mediated R-loop Processing to Initiate Transcription-Associated Homologous Recombination Repair.(共著)¸Cell¸175巻2号558頁-570頁¸2018年10月
2 Yoshihiko Hagiwara, Atsuko Niimi, Mayu Isono, Motohiro Yamauchi, Takaaki Yasuhara, Siripan Limsirichaikul, Takahiro Oike, Hiro Sato, Kathryn D. Held, Takashi Nakano and Atsushi Shibata:3D-structured illumination microscopy reveals clustered DNA double-strand break formation in widespread γH2AX foci after high LET heavy-ion particle radiation.(共著)¸Oncotarget¸8巻65号109370頁-109381頁¸2017年11月
3 Motohiro Yamauchi, Atsushi Shibata, Keiji Suzuki, Masatoshi Suzuki, Atsuko Niimi, Hisayoshi Kondo, Miwa Miura, Miyako Hirakawa, Keiko Tsujita, Shunichi Yamashita, Naoki Matsuda:Regulation of pairing between broken DNA-containing chromatin regions by Ku80, DNA-PKcs, ATM, and 53BP1(共著)¸Scientific Reports¸7号41812頁-¸2017年02月
4 Niimi A, Yamauchi M, Limsirichaikul S, Sekine R, Oike T, Sato H, Suzuki K, Held KD, Nakano T, Shibata A.:Identification of DNA Double Strand Breaks at Chromosome Boundaries Along the Track of Particle Irradiation.(共著)¸Genes, Chromosomes and Cancer¸-doi: 10.1002/gcc.22367頁¸2016年04月
5 Napapat Amornwichet, Takahiro Oike, Atsushi Shibata, Hideaki Ogiwara, Naoto Tsuchiya, Motohiro Yamauchi, Yuka Saitoh, Ryota Sekine, Mayu Isono, Yukari Yoshida, Tatsuya Ohno, Takashi Kohno, Takashi Nakano:Carbon-ion beam irradiation kills X-ray-resistant p53-null cancer cells by inducing mitotic catastrophe(共著)¸PLoS One¸9巻12号e115121頁-¸2014年12月
6 山内基弘、三浦美和、松田尚樹:放射線被ばく後にできるDNA損傷に対するヒト細胞の防御機構(共著)¸日本放射線安全管理学会誌¸13巻1号79頁-83頁¸2014年07月
7 Motohiro Yamauchi, Kensuke Otsuka, Hisayoshi Kondo, Nobuyuki Hamada, Masanori Tomita, Masayuki Takahashi, Satoshi Nakasono, Toshiyasu Iwasaki, Kazuo Yoshida:A novel in vitro survival assay of small intestinal stem cells after exposure to ionizing radiation(共著)¸Journal of Radiation Research¸55巻2号381頁-390頁¸2014年03月
8 Masatoshi Suzuki, Motohiro Yamauchi, Yasuyoshi Oka, Keiji Suzuki, Shunichi Yamashita:Live-cell imaging visualizes frequent mitotic skipping during senescence-like growth arrest in mammary carcinoma cells exposed to ionizing radiation.(共著)¸International Journal of Radiation Oncology, Biology, Physics¸83巻2号241頁-250頁¸2012年06月
9 Yamauchi M, Suzuki K, Oka Y, Suzuki M, Kondo H, Yamashita S:1. Mode of ATM-dependent suppression of chromosome translocation(共著)¸Biochemical and Biophysical Research Communications¸416巻111頁-118頁¸2011年10月
10 Ishikawa A, Yamauchi M, Suzuki K, Yamashita S:6. Image-based quantitative determination of DNA damage signal reveals a threshold for G2 checkpoint activation in response to ionizing radiation(共著)¸ Genome Integrity¸1巻10号¸2010年07月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 放射線健康リスク科学教育における生命科学研究サンプルの利用 日本放射線安全管理学会 第17回学術大会 2018年12月
2 DNA二本鎖切断の相同組換え修復におけるBRCA1とスプライシング因子SART1の関係 日本放射線影響学会第61回大会 2018年11月
3 Involvement of pre-mRNA splicing factor SART1 in DNA double-strand break repair by homologous recombination.(ポスター) 第40回日本分子生物学会年会 2017年12月
4 Regulation of pairing between broken DNA-containing chromatin regions by Ku80, DNA-PKcs, ATM, and 53BP1(ポスター) Ataxia-Telangiectasia Workshop 2017 2017年03月
5 CRISPR/Cas9を用いた癌関連融合遺伝子の生成頻度の定量アッセイの樹立(ポスター) 第75回日本癌学会学術総会 2016年10月
6 DNA二本鎖切断間の会合および染色体転座頻度に影響を与える因子(ポスター) 第73回日本癌学会学術総会 2014年09月
7 ATMによる染色体転座抑制機構 第72回日本癌学会学術総会 2013年10月
8 Pre-mRNA splicing factor SART1 facilitates homologous recombination repair by recruiting BRCA1 to DNA double-strand breaks.(ポスター) The 3rd International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science 2019年01月
9 The role of splicing factor SART1 in DNA double-strand break repair by homologous recombination.(ポスター) The 14th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring 2018年12月
10 Roles of pre-mRNA splicing factor SART1 in homologous recombination repair of DNA double-strand breaks.(ポスター) The 2nd International Symposium of the Network-type Joint Usage/Research Center for Radiation Disaster Medical Science 2018年02月
教育情報
2017年度 医学部医学科環境因子系 (2年後期(4セメスター)¸週2コマ¸担当割合30.00%)
2017年度 全学モジュール 安全で安心な社会への取組(健康と医療の安全・安心) (その他¸週1コマ¸担当割合10.00%)
2017年度 医学部医学科環境因子系 (3年前期(5セメスター)¸週2コマ¸担当割合25.00%)
2017年度 医学部医学科環境因子系 (3年前期(5セメスター)¸週2コマ¸担当割合17.00%)
2016年度 全学モジュール「リスク社会を理解する〜健康と医療、経済と生活、科学と技術(健康と医療の安全・安心) (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合0.20%)
2016年度 医学部環境因子系 (3年前期(5セメスター)¸週2コマ¸担当割合17.00%)
2014年度 医学部環境因子系実習 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.33%)
2014年度 医学部環境因子系 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合8.00%)
2013年度 全学モジュール「安全で安心できる社会I」 (1年後期(2セメスター)¸週1コマ)
2013年度 医学部環境因子系 (3年前期(5セメスター)¸週1コマ¸担当割合27.27%)
その他(自己PR)