研究者詳細情報
氏 名 岡田 二郎 ふりがな おかだ じろう
英文名 OKADA Jiro 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(理学)(1994年09月)
理学士(1989年03月)
理学修士(1991年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1989年03月 東京都立大学理学部生物学科卒業
1991年03月 東京都立大学理学研究科生物学専攻修士課程修了
1994年09月 東京都立大学理学研究科生物学専攻博士課程修了
職歴 1994年10月~1996年01月 通商産業省工業技術院生命工学工業技術研究所 研究員
1996年02月~1996年03月 新エネルギー産業技術総合開発機構 研究員
1996年04月~2007年03月 九州大学理学研究院生物科学部門 助手
1998年01月~1998年08月 カナダ・ダルハウジー大学神経科学研究所 研究員
2007年04月~2007年09月 九州大学理学研究院生物科学部門 助教
2007年10月~2013年03月 長崎大学 環境科学部 准教授
専門分野 動物生理・行動
加入学会 日本応用動物昆虫学会、日本比較生理生化学会、日本動物学会(教育委員会委員)
受賞歴 吉田奨励賞(2003年07月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
環境化学物質が無脊椎動物の行動に及ぼす影響
無脊椎動物の神経生物学
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Jiro Okada:Cockroach Antennae¸Atlantis Press¸2015年11月
2 Nopparat Nasuchon, Katsuya Hirasaka, Kenichi Yamaguchi, Jiro Okada, Atsushi Ishimatsu:Effects of elevated carbon dioxide on contraction force and proteome composition of sea urchin tube feet(共著)¸Comparative Biochemistry and Physiology Part D¸21巻10頁-16頁¸2017年03月
3 Seigo Sugimachi, Yukihisa Matsumoto, Makoto Mizunami, Jiro Okada:Effects of caffeine on olfactory learning in crickets(共著)¸Zoological Science¸33巻5号513頁-519頁¸2016年10月
4 岡田 二郎:ニューロンが発生する電気を測ってみよう¸共立出版¸2015年07月
5 Kai K, Okada J:Characterization of locomotor-related spike activity in the protocerebrum of the freely walking cricket(共著)¸Zoological Science¸30巻7号591頁-601頁¸2013年07月
6 Okada J, Akamine S:Behavioral response to antennal tactile stimulation in the field cricket Gryllus bimaculatus(共著)¸Journal of Comparative Physiology A¸198巻557頁-565頁¸2012年07月
7 甲斐加樹来,岡田二郎:自由歩行する昆虫から行動と神経活動を同時計測するための新たな実験システム(共著)¸比較生理生化学¸29巻1号18頁-25頁¸2012年01月
8 Okada J, Mizuta S, Toh Y:Refuge size preference in the field cricket Gryllus bimaculatus(共著)¸Zoological Science¸28巻243頁-248頁¸2011年04月
9 Kai K, Okada J:Behavioral and electrophysiological analysis of locomotor-related brain neurons in the cricket by using a newly developed recording system(共著)¸Proceedings of the 11th Joint Symposium of Nagasaki University and Jeju National University on Science and Technology¸236頁-239頁¸2010年06月
10 Jiro Okada:Cockroach antennae¸Scholarpedia¸4巻10号6842頁-¸2009年10月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 コオロギ嗅覚学習とカフェイン:急性経口投与による促進効果の再検証 日本動物学会九州支部大会 2017年05月
2 Effects of neonicotinoid insecticide nitenpyram on waving behavior in the dotillid crab Ilyoplax pusilla(ポスター) 日本比較生理生化学会年次大会 2017年11月
3 Temporal relationships of waving display between the dotillid crab (Ilyoplax pusilla) and robot(招待講演) 日本比較生理生化学会年次大会 2017年11月
4 Effects of a neonicotinoid insecticide (nitenpyram) on waving behavior in the dotillid crab Ilyoplax pusilla(ポスター) The 11th Inrernational Workshop on the Oceanography and Fisheries Science of the East China Sea 2017年11月
5 Investigation of synchronized waving display in the dotillid crab Ilyoplax pusilla: Temporal relationships of claw movements between crab and robot(ポスター) The 11th Inrernational Workshop on the Oceanography and Fisheries Science of the East China Sea 2017年11月
6 チゴガニのウェービング行動に対するニテンピラムの抑制的効果 日本動物学会九州支部大会 2017年05月
7 Modification of waving display by a robot in the ocypodid crab Ilyoplax pusilla(ポスター) 日本動物学会大会 2016年11月
8 ネオニコチノイド農薬は昆虫の学習を促進するのか:コオロギの嗅覚学習における検証(ポスター) 日本動物学会九州支部大会 2016年05月
9 フタホシコオロギの嗅覚学習に対するイミダクロプリド経口急性投与の効果(ポスター) 日本応用動物昆虫学会 2016年03月
10 チゴガニのウェービング行動に対するイミダクロプリドおよびクロチアニジンの影響(ポスター) 環境ホルモン学会 2015年12月
教育情報
2015年度~継続中 動物機能学 (3年前期(5セメスター))
2007年度~2013年度 環境生理学 (3年後期(6セメスター))
その他(自己PR)