研究者詳細情報
氏 名 西野 友哉 ふりがな にしの ともや
英文名 NISHINO Tomoya 生年月 1973-02
所 属 病院 腎臓内科
TEL 095-819-7282 FAX 095-849-7285
職 名 教授 学位・資格 医学博士(2003年05月)
総合内科専門医
腎臓専門医
腎臓指導医
透析専門医
透析指導医
医師(1997年04月)
E-mail
Homepage
学歴 1997年03月 長崎大学医学部医学科卒業
2003年05月 長崎大学医学研究科博士課程修了
職歴 2002年12月~2003年05月 聖フランシスコ病院 内科医
2003年06月~2005年09月 松浦市民病院 内科医
2005年09月~2007年07月 Louvain Medical School: 腎臓内科部門 研究員
2007年07月~2007年08月 長崎大学 医学部・歯学部附属病院 第二内科 客員研究員
2007年08月~2008年01月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 助教
2008年02月~2010年01月 長崎大学 病院 血液浄化療法部 助教
2010年02月~2011年03月 長崎大学 医歯薬学総合研究科 医歯薬学総合研究科(医学系) 助教
2011年04月~2014年07月 長崎大学 病院 第二内科 講師
2014年08月~継続中 長崎大学 病院 腎臓内科 教授
専門分野 腎臓内科学
加入学会 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本糖尿病学会
受賞歴 Best posters rewarded by the Dutch Kidney Foundation (ISPD 2004)(2004年09月)
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ ラット腹膜線維症モデルにおけるHSP47アンチセンスの腹膜肥厚抑制機序の検討。
主な著書・論文・作品等
1 「Io K」「Nishino T」「Obata Y」「Kitamura M」「Koji T」「Kohno S」:SAHA suppresses peritoneal fibrosis in mice.(共著)¸Perit Dial Int.¸35巻246頁-258頁¸2014年04月
2 「Wada T」「Nangaku M」「Maruyama S」「Imai E」「Shoji K」「Kato S」「Endo T」「Muso E」「Kamata K」「Yokoyama H」「Fujimoto K」「Obata Y」「Nishino T」「Kato H」「Uchida S」「Sasatomi Y」「Saito T」「Matsuo S」:A multicenter cross-sectional study of circulating soluble urokinase receptor in Japanese patients with glomerular disease.(共著)¸Kidney Int.¸85巻841頁-848頁¸2014年03月
3 Nakazawa M, Obata Y, Nishino T, Abe S, Nakazawa Y, Abe K, Furusu A, Miyazaki M, Koji T, Kohno S:Involvement of leptin in the progression of experimentally induced peritoneal fibrosis in mice.(共著)¸Acta Histochem Cytochem.¸46巻75頁-84頁¸2013年10月
4 「Uramatsu T」「Nishino T」「Obata Y」「Sato Y」「Furusu A」「Koji T」「Miyazaki T」「Kohno S」:Involvement of apoptosis inhibitor of macrophages in a rat hypertension model with nephrosclerosis: possible mechanisms of action of olmesartan and azelnidipine.(共著)¸Biol Pharm Bull.¸36巻1271頁-1277頁¸2013年09月
5 「Mori A」「Nishino T」「Obata Y」「Nakazawa M」「Hirose M」「Yamashita H」「Uramatsu T」「Shinzato K」「Kohno S」:The effect of active vitamin d administration on muscle mass in hemodialysis patients.(共著)¸Clin Drug Investig¸33巻837頁-846頁¸2013年08月
6 Yamashita H, Nishino T, Obata Y, Nakazato M, Inoue K, Furusu A, Takamura N, Maeda T, Ozono Y, Kohno S:Association between cystatin C and arteriosclerosis in the absence of chronic kidney disease.(共著)¸J Atheroscler Thromb.¸20巻548頁-556頁¸2013年06月
7 Nakazawa Y, Nishino T, Obata Y, Nakazawa M, Furusu A, Abe K, Miyazaki M, Koji T, Kohno S:Recombinant human erythropoietin attenuates renal tubulointerstitial injury in murine adriamycin-induced nephropathy.(共著)¸J Nephrol.¸26巻527頁-533頁¸2013年04月
8 Hirose M, Nishino T, Obata Y, Nakazawa M, Nakazawa Y, Furusu A, Abe K, Miyazaki M, Koji T, Kohno S:22-Oxacalcitriol prevents progression of peritoneal fibrosis in a mouse model.(共著)¸Perit Dial Int.¸33巻132頁-142頁¸2013年01月
9 Nishino T, Ashida R, Obata Y, Furusu A, Abe K, Miyazaki M, Koji T, Kohno S. :Involvement of Lymphocyte Infiltration in the Progression of Mouse Peritoneal Fibrosis Model.(共著)¸Ren Fail.¸34巻6号760頁-766頁¸2012年06月
10 Nishino T, Obata Y, Furusu A, Hirose M, Shinzato K, Hattori K, Nakamura K, Matsumoto T, Endo F, Kohno S.:Identification of a novel mutation and prevalence study for Fabry disease in Japanese dialysis patients.(共著)¸Ren Fail.¸34巻5号566頁-570頁¸2012年05月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Animal models for interventional studies in PD(招待講演) The 14th Congress of the International Society for Peritoneal Dialysis 2012年09月
2 長崎大学病院におけるレシピエント移植コーディネーターの役割について 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
3 当院における脳死下膵腎同時移植の経験とこれから 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
4 長崎県の末期腎不全患者の動態統計の現状と問題点 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
5 インフルエンザ感染症を機に黄紋筋融解症と急性腎不全を来した1例 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
6 腹膜透析(PD)歴9年で被嚢性腹膜硬化症(EPS)を発症し、腹膜洗浄とステロイド投与で良好な経過をたどった一例 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
7 当院における腹膜透析関連腹膜炎の現状 第45回長崎県人工透析研究会 2018年02月
8 移植前血清リン濃度は移植腎予後に影響する 第51回日本臨床腎移植学会 2018年02月
9 推定塩分摂取量の提示は患者教育に有用か? 第51回日本臨床腎移植学会 2018年02月
10 インフルエンザ感染症を機に黄紋筋融解症と急性腎不全を来した1例 第320回日本内科学会九州地方会 2018年01月
教育情報
2012年度~継続中 腎泌尿器系 (4年前期(7セメスター))
2011年度~継続中 内科総括講義 (全身疾患と腎) (5年前期、6年後期(10、11セメスター))
2012年度~継続中 免疫・アレルギー疾患系 (4年前期(7セメスター))
2011年度~継続中 卒前集中講義 (6年前期(11セメスター))
2010年度~継続中 発生組織系II (2年前期(3セメスター))
その他(自己PR)