研究者詳細情報
氏 名 渡辺 貴史 ふりがな わたなべ たかし
英文名 WATANABE Takasi 生年月
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(社会工学)(2004年03月)
修士(環境科学)(1999年03月)
専門社会調査士(2011年11月)
E-mail
Homepage
学歴
職歴 2015年04月~継続中 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 教授
専門分野 都市計画・建築計画、園芸学・造園学、農業土木学・農村計画学
加入学会 日本造園学会(校閲委員会委員)、農村計画学会(学術交流委員会委員)、日本都市計画学会(学術委員会委員)、都市住宅学会
受賞歴 農村計画学会論文奨励賞(2009年04月)
各種審議会・委員会等 長崎市景観審議会
長崎県美しい景観形成アドバイザー
長崎県屋外広告物審議会
長崎市外海の石積集落景観整備活用委員会
長崎県美しい景観形成審議会
長崎市建築審査会
「長崎市中央部・臨海地域」都市再生委員会
長崎県緑といきもの賑わい事業選考委員会
長崎県環境審議会
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 新保奈穂美・渡辺貴史・渡部陽介:都市計画,都市政策,地方・国土計画(共著)¸ランドスケープ研究¸82巻1号22頁-29頁¸2018年04月
2 渡辺貴史・小林寛・馬越孝道:大分県別府市における温泉発電の地域受容に係る条例の制定経緯と初動期の運用実態(共著)¸ランドスケープ研究¸81巻5号601頁-606頁¸2018年03月
3 雨宮護・寺田徹・渡辺貴史・西辻一真・横張真:「新たな農」を惹きつける都市住民の特性-民間企業が提供する体験農園サービスの利用者アンケート調査報告-(共著)¸都市計画報告集¸16号36頁-41頁¸2017年06月
4 渡辺貴史,馬越孝道,小林寛:温泉地における温泉発電事業と運営体制との関係¸ランドスケープ研究¸80巻5号631頁-636頁¸2017年03月
5 渡辺貴史・安武敦子:長崎県長崎市深堀地区における景観まちづくりガイドラインの策定過程と運用(共著)¸造園技術報告集¸9号126頁-131頁¸2017年03月
6 渡辺貴史:温泉発電を活かしたまちづくり¸生活と環境¸61巻8号14頁-18頁¸2016年08月
7 坂本真理・飯田晶子・渡辺貴史・横張真:長崎市における斜面市街地の人口減少が俯瞰夜景にもたらす影響(共著)¸ランドスケープ研究¸79巻5号585頁-588頁¸2016年03月
8 渡辺貴史・保坂稔・南誠:地方中核都市における農作物栽培を行う都市住民の特性(共著)¸ランドスケープ研究¸79巻5号627頁-630頁¸2016年03月
9 渡辺貴史:都市農業必携ガイド-市民農園・新規就農・企業参入で農のある都市(まち)づくり-(共編著)¸農山漁村文化協会¸2016年03月
10 中川啓・渡辺貴史・天野弘基:長崎県島原市を対象とした地下水に対する農業由来の窒素負荷ポテンシャルマップの妥当性について(共著)¸地下水学会誌¸57巻4号483頁-493頁¸2015年12月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 地方中核都市における景観まちづくりガイドラインの策定過程と運用実態 日本造園学会平成29年度全国大会ミニフォーラム第2回風景計画研究・事例報告会 2017年05月
2 温泉地における温泉発電事業と運営体制の関係 日本造園学会平成29年度全国大会研究発表会 2017年05月
3 地方中核都市における農作物栽培を行う都市住民の特性 平成28年度日本造園学会全国大会研究発表会 2016年05月
4 長崎市における斜面市街地の人口減少が俯瞰夜景にもたらす影響 平成28年度日本造園学会全国大会研究発表会 2016年05月
5 地方創生と長崎の景観まちづくり(シンポジスト) 第9回日本サイン学会デザインフォーラム in 長崎 2016年02月
6 長崎県雲仙市小浜温泉地域における温泉発電実証実験事業の成立過程の特徴 日本造園学会平成24年度全国大会研究発表会 2014年05月
7 地方都市における非建ペイ地活用の方向性-「農」を活かした都市構造の再編-(特別講演) (社)都市住宅学会九州支部記念企画「収縮期の地方居住の現在と将来」 2014年04月
8 「農」がある都市:農地の環境保全機能を活かした都市再生 東アジア共生プロジェクト 国際シンポジウム「グローバル時代における人間と社会:日中間の対話」 2012年12月
9 地方中核都市の非建ペイ地における農的利用の実態 第8回海港都市国際シンポジウム「東アジア交流圏の構想と海港都市の経験」 2012年11月
10 土地履歴の解釈にもとづく文化財としての文化的景観の捉え方の検討 日本造園学会平成24年度全国大会研究発表会 2012年05月
教育情報
2016年度~継続中 地域環境概論 (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
2016年度~継続中 環境フィールド演習Ⅱ (その他¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2016年度~継続中 環境キャリア概論 (3年通年(5、6セメスター)¸週8コマ¸担当割合100.00%)
2016年度 地域の環境を考える (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合13.30%)
2016年度 初年次セミナー (1年前期(1セメスター)¸週16コマ¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 学際先進演習Ⅱ (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ¸担当割合33.00%)
2015年度 自然環境計画論 (3年後期(6セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2015年度~継続中 環境計画学Ⅰ (2年前期(3セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2014年度~継続中 環境フィールド調査論 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合13.00%)
2014年度~2015年度 地域環境概論 (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合20.00%)
その他(自己PR)