研究者詳細情報
氏 名 河本 和明 ふりがな かわもと かずあき
英文名 KAWAMOTO Kazuaki 生年月 1970-01
所 属 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域
TEL FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(理学)(1999年03月)
気象予報士
E-mail
Homepage
学歴 1993年03月 立教大学理学部物理学科卒業
1999年03月 東京大学理学系研究科地球惑星物理学専攻博士課程修了
職歴 1999年05月~2002年03月 バージニア工科大学 (NASAラングレー研究センター) リサーチサイエンティスト
2002年03月~2007年03月 大学共同利用機関法人 総合地球環境学研究所 助手
2007年04月~2013年09月 長崎大学 環境科学部 自然環境保全 准教授
2013年10月~継続中 長崎大学 水産・環境科学総合研究科 環境科学領域 教授
専門分野 気象・海洋物理・陸水学
加入学会 日本リモートセンシング学会、アメリカ地球物理学連合、日本気象学会(SOLA (英文オンラインレター誌) 運営委員)
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
エアロゾル・雲・降雨の相互作用と気候影響
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Yamauchi, A., K. Kawamoto, H. Okamoto:Differences in the fractions of ice clouds between eastern and western parts of Eurasian Continent using CALIPSO in January 2007(共著)¸Atmospheric Science Letters¸19巻3号1頁-8頁¸2018年03月
2 山内晃, 河本和明, 岡本創, 佐藤可織:CALIPSO衛星データから得られたバレンツ海周辺と東シベリア海周辺の雲特性の違いについて(共著)¸日本リモートセンシング学会誌¸37巻5号434頁-441頁¸2017年11月
3 Jiming Li, Qiaoyi Lv, Min Zhang, Tianhe Wang, Kazuaki Kawamoto, and Siyu Chen:Effects of atmospheric dynamics and aerosols on the thermodynamic phase of cold clouds(共著)¸Atmospheric Chemistry and Physics¸¸2016年02月
4 T. Michibata, K. Kawamoto and T. Takemura:The effects of aerosols on water cloud microphysics and macrophysics based on satellite observations over East Asia and the Northern Pacific(共著)¸Atmos. Chem. Phys.¸14巻11935頁-11948頁¸2014年11月
5 Michibata, T., K. Kawamoto and T. Takemura:The effects of aerosols on water cloud microphysics and macrophysics based on satellite observations over East Asia and the Northern Pacific(共著)¸Atmospheric Chemistry and Physics¸14巻11935頁-11948頁¸2014年11月
6 K. Kawamoto and K. Suzuki :Distributional correspondence of 94-GHz radar reflectivity with the variation in water cloud properties over the northwestern Pacific and China(共著)¸J. Quant. Spectros. Radiat. Transfer.¸153巻38頁-48頁¸2014年11月
7 Kaneyasu, N., S. Yamamoto, K. Sato, A. Takami , M. Hayashi, K Hara , K. Kawamoto , T. Okuda and S. Hatakeyama:Impact of long-range transport of aerosols on the PM2.5 composition at a major metropolitan area in the northern Kyushu area of Japan(共著)¸Atmospheric Environment¸97巻416頁-425頁¸2014年11月
8 Kaneyasu, N., S. Yamamoto, K. Sato, A. Takami , M. Hayashi, K Hara , K. Kawamoto , T. Okuda and S. Hatakeyama:Impact of long-range transport of aerosols on the PM2.5 composition at a major metropolitan area in the northern Kyushu area of Japan(共著)¸Atmospheric Environment¸97巻416頁-425頁¸2014年01月
9 Kawamoto, K., and K. Suzuki:Comparison of water cloud microphysics over mid-latitude land and ocean using CloudSat and MODIS observations(共著)¸Journal of Quantitative Spectroscopy and Radiative Transfer¸122巻13頁-24頁¸2013年01月
10 Kawamoto, K., and K. Suzuki:Microphysical transition in water clouds over the Amazon and China derived from space-borne radar and radiometer data(共著)¸Journal of Geophysical Research¸117巻¸2012年09月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 Study on the vertical distribution of precipitation amount within the water clouds  American Geophysical Union 2015年12月
2 Understanding radar reflectivity behavior within the water clouds over the mid-latitude(ポスター) Gordon Research Conference 2015年07月
3 Vertical characteristics of liquid hydrometers in view of column cloud droplet number(ポスター) A-train symposium 2010年10月
4 Temporal and spatial variations of atmospheric (clouds and aerosols) contributions to shortwave surface irradiance in East Asia (ポスター) Cloud and Radiation meeting 2010年06月
5 Applying the Index of Potential Radiative Forcing to Quantify Relative Contributions of Atmospheric Parameters to the Surface Shortwave Irradiance International Association of Meteorology and Atmospheric Sciences 2009年07月
6 Estimating the contributions of atmospheric parameters on the surface shortwave irradiance changes in East Asia International Symposium on Atmospheric Light Scattering and Remote Sensing 2009年07月
7 Relative contributions to surface shortwave irradiance over China(招待講演) International Radiation Symposium 2008年08月
8 Relative contributions to surface shortwave irradiance over China International Commission on Clouds and Precipitation 2008年07月
教育情報
2017年度~継続中 地球環境学特講 (  )
2017年度~継続中 地球環境学基礎特講I (  )
2016年度 初年次セミナー (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2014年度~継続中 大気環境概論 (1年前期(1セメスター)¸週5コマ¸担当割合30.00%)
2011年度~継続中 モンスーン域大気科学 (MC1年後期(MC2セメスター)¸週15コマ)
2010年度~継続中 東シナ海の自然誌Ⅰ (MC1年前期(MC1セメスター)¸週2コマ¸担当割合13.00%)
2010年度 地球の気候と温暖化 (短プロ) (  ¸週15コマ¸担当割合100.00%)
2008年度~2013年度 環境科学概論A (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合30.00%)
2008年度 教養セミナー (1年前期(1セメスター)¸週1コマ¸担当割合100.00%)
2007年度~継続中 大気環境学 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ)
その他(自己PR)