研究者詳細情報
氏 名 森山 敏文 ふりがな もりやま としふみ
英文名 MORIYAMA Toshifumi 生年月 1972-01
所 属 工学研究科 電気・情報科学部門
TEL 095-819-2559 FAX
職 名 准教授 学位・資格 博士(工学)(1998年03月)
E-mail
Homepage http://www.eee.nagasaki-u.ac.jp/labs/emlab/moriyama/index.htm
学歴 1994年03月 新潟大学工学部情報工学科卒業
1995年03月 新潟大学工学研究科情報工学修士課程修了
1998年03月 新潟大学自然科学研究科情報理工学博士課程修了
職歴 1998年04月~2003年03月 富士通 富士通システム統合研究所 研究員
2003年04月~2005年12月 情報通信研究機構 電磁波計測部門環境データシステムグループ 専攻研究員
2006年01月~2006年12月 宇宙航空研究開発機構 地球観測利用研究センター 招聘研究員
専門分野 計測工学
加入学会 IEEE AP-S Fukuoka Chapter Secretary、電子情報通信学会通信ソサイエティ宇宙航行エレクトロニクス研究会 副委員長、日本リモートセンシング学会、米国電気電子学会、電子情報通信学会
受賞歴 IEEE AP-S Tokyo Chapter Young Engineer Award(1998年12月)
平成10年度電子情報通信学会学術奨励賞(1999年03月)
平成18年度日本リモートセンシング学会春季学術講演会優秀論文発表賞(2006年05月)
平成19年度日本リモートセンシング学会春季学術講演会優秀論文発表賞(2007年05月)
ICSANE2010 Best Presenter Award(2010年10月)
電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞(2013年09月)
Certification of Appreciation of International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2016(2016年11月)
各種審議会・委員会等 IEEE Aerospace and Electronic Systems Society Japan Chapter Vice-Chairman
日本学術会議委員(電気電子工学委員会 URSI分科会非電離媒質伝搬・リモートセンシング小委員会委員)
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ レーダ,リモートセンシング
現在実施している
研究テーマ
偏波合成開口レーダの解析
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 Jyunpei Uemoto, Toshifumi Moriyama, Akitsugu Nadai, Shoichiro Kojima, Toshihiko Umehara:Landslide detection based on height and amplitude differences using pre- and post-event airborne X-band SAR data(共著)¸Natural Hazards¸¸2018年10月
2 Massimo Donelli, Toshifumi Moriyama, Mohammedhusen Manekiya:A Compact Switched-Beam Planar Antenna Array for Wireless Sensors Operating at Wi-Fi Band(共著)¸Progress In Electromagnetics Research C¸83巻137頁-145頁¸2018年04月
3 N. Anselmi and T. Moriyama:An inversion strategy for energy saving in smart building through wireless monitoring(共著)¸Journal of Physics: Conference Series(Open Access)¸904巻1頁-6頁¸2017年10月
4 M. Salucci and T. Moriyama:Robust antenna design through a hybrid inversion strategy combining interval analysis and nature-inspired optimization(共著)¸Journal of Physics: Conference Series(Open Access)¸904巻1頁-4頁¸2017年10月
5 G. Gottardi and T. Moriyama: Indoor detection of passive targets recast as an inverse scattering problem(共著)¸Journal of Physics: Conference Series(Open Access)¸904巻1頁-6頁¸2017年10月
6 A. Gelmini, G. Gottardi and T. Moriyama: A compressive sensing-based computational method for the inversion of wide-band ground penetrating radar data(共著)¸Journal of Physics: Conference Series(Open Access)¸904巻1頁-6頁¸2017年10月
7 長山 好夫, 山口 聡一朗, 田中 俊幸, 森山 敏文:マイクロ波CTマンモグラフィ実験装置の開発(共著)¸電子情報通信学会論文誌C¸J100-C巻8号332頁-341頁¸2017年08月
8 中村和樹, 森山敏文:二偏波PALSARデータによる水稲の生育モニタリング(共著)¸日本リモートセンシング学会誌¸37巻2号93頁-104頁¸2017年04月
9 Jamali, N.H., Ping, K.A.H. , Sahrani, S., Mat, D.A.A., Marhaban, M.H., Saripan, M.I., Moriyama, T., Takenaka, T.:Image reconstruction based on combination of inverse scattering technique and total variation regularization method(共著)¸Indonesian Journal of Electrical Engineering and Computer Science¸5巻3号569頁-576頁¸2017年03月
10 Guang Yong, Kismet Anak Hong Ping,Shafrida Sahrani, Mohamad Hamiruce Marhaban, Mohd Iqbal Saripan, Toshifumi Moriyama, TakashiTakenaka:Profile Reconstruction Utilizing Forward-Backward Time-Stepping with the Integration of Automated Edge-Preserving Regularization Technique for Object Detection Applications(共著)¸Progress In Electromagnetics Research M¸51巻125頁-135頁¸2017年02月
研究活動その他
主な特許など
1 地中探知装置¸2003-075573
2 偏波合成開口レーダ較正方法及び装置¸2003-364037
3 偏波合成開口レーダ画像処理方法及び装置¸2003-376492
学会発表等の状況
1 入射波の情報を使わないエネルギー汎関数を用いた勾配法による逆散乱法 ~ 二次元の場合 ~ 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 宇宙航行エレクトロニクス研究会 2018年01月
2 Single-pass cross-track interferometry SAR analysis based on Particle Swarm Optimization(招待講演) 2017 IEEE Conference on Antenna Measurements & Applications (CAMA) 2017年12月
3 Edge preserving regularized FBTS algorithm without a priori information on incident field 2017 IEEE Conference on Antenna Measurements & Applications (CAMA) 2017年12月
4 An Inverse Scattering Method Using Time-Reversed Fields with edge-preserving regularization International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2017 (ICSANE 2017) 2017年11月
5 航空機搭載偏波・干渉SARデータによる土砂崩れ検出 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 宇宙航行エレクトロニクス研究会 2017年08月
6 シングルパスクロストラック干渉SARへの粒子群最適化の利用 電子情報通信学会 通信ソサイエティ 宇宙航行エレクトロニクス研究会 2017年07月
7 合成開口レーダを用いた地震被害領域の偏波・干渉解析(特別講演) 電子情報通信学会 通信ソサイエティ アンテナ伝搬研究会研究会 2017年05月
8 入射波の情報を使わない逆散乱解法について(招待講演) URSI-C委員会 第23期 第8回公開研究会 2016年12月
9 Fundamental study on polarimetric characteristics of urban structures International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2016 2016年11月
10 An Inverse Scattering Method for Lossy Objects Using Time-Reversed Fields the 2016 International Symposium on Antennas and Propagation (ISAP2016) 2016年10月
教育情報
2015年度~継続中 計算電磁気学 (3年後期(6セメスター))
2014年度~継続中 微分積分学Ⅲ (1年後期(2セメスター)¸週2コマ)
2011年度~2013年度 電気電子工学(水産学部) (2年後期(4セメスター)¸週1コマ)
2011年度~継続中 電気電子工学実験III(テーマ3) (3年前期(5セメスター)¸週2コマ)
2011年度~継続中 基礎実験(物理テーマ4,5) (1年前期(1セメスター)¸週2コマ)
2010年度~継続中 プロジェクト実験 (3年後期(6セメスター)¸週2コマ)
その他(自己PR)