研究者詳細情報
氏 名 丹羽 量久 ふりがな にわ かずひさ
英文名 NIWA Kazuhisa 生年月
所 属 ICT基盤センター 
TEL 095-819-2084 FAX
職 名 教授 学位・資格 博士(工学)(1999年03月)
工学士(1983年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1983年03月 関西大学工学部土木工学科卒業
職歴 1983年04月~2003年03月 日本電子計算株式会社 
2003年04月~2006年09月 JIPテクノサイエンス株式会社 
専門分野 社会システム工学・安全システム、構造工学・地震工学・維持管理工学、教育工学
加入学会 教育システム情報学会(九州支部幹事)、情報コミュニケーション学会(学会誌編集委員会 委員)、土木学会、IABSE(International Association of Bridge and Structural Engineering)、日本計算工学会、日本生産管理学会、学習分析学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 上繁義史,丹羽量久,柳生大輔,古賀掲維,鈴木斉,一藤裕:インターネットに関わるセキュリティ改善および健全利用をねらいとした新入生向け特別授業の実践(共著)¸大学情報システム環境研究¸21巻75頁-83頁¸2018年07月
2 丹羽量久,山地弘起:初年次学生のメタ認知の測定(共著)¸長崎大学大学教育イノベーションセンター紀要¸8号45頁-50頁¸2017年03月
3 丹羽量久,藤井美知子:大学教養科目における課題成果の他者評価がもたらす教育効果(共著)¸日本生産管理学会論文誌¸21巻1号59頁-64頁¸2014年10月
4 丹羽量久,正田備也,福澤勝彦,三根眞理子,山地弘起:講義主体授業における学生の参加度向上を目指した学習課題(共著)¸長崎大学大学教育イノベーションセンター紀要¸5号19頁-24頁¸2014年03月
5 丹羽量久,山地弘起,藤井美知子:情報系教養科目における調べ学習の授業設計と課題(共著)¸情報コミュニケーション学会誌¸9巻2号27頁-32頁¸2013年12月
6 丹羽量久,藤井美知子:繰り返し学習によるソフトウェア利用スキル教育の効果(共著)¸情報コミュニケーション学会誌¸9巻1号29頁-34頁¸2013年06月
7 藤井美知子,二木映子,丹羽量久:表計算学習システムを利用した学習効果分析(共著)¸日本生産管理学会論文誌¸19巻1号47頁-52頁¸2012年09月
8 丹羽量久,直野公美,藤井美知子:授業アンケートを用いた情報処理科目の学習者への適合(共著)¸情報コミュニケーション学会誌¸6巻2号4頁-15頁¸2010年12月
9 畑 耕治郎, 長谷川和彦, 丹羽量久:AISシミュレータ(共著)¸日本船舶海洋工学会論文集¸0巻6号91頁-98頁¸2007年12月
10 畑 耕治郎, 福戸淳司, 長谷川和彦, 丹羽量久:AISシミュレータを用いたAIS通信の評価 - Class B AIS搭載設置条件の影響 -(共著)¸日本航海学会論文集¸0巻117号27頁-33頁¸2007年09月
研究活動その他
主な特許など
学会発表等の状況
1 成人用メタ認知尺度の改善とその評価の試み 第25回大学教育研究フォーラム 2019年03月
2 成人用メタ認知尺度の改善と大学初年次学生を対象とした測定 教育システム情報学会 2018年度第6回研究会 2019年03月
3 成人用メタ認知尺度MAI日本語版の改訳とその評価手法の検討 第149回次世代大学教育研究会 2018年12月
4 成人用メタ認知尺度 Metacognitive Awareness Inventory の邦訳と活用 -大学初年次学生のメタ認知と情報基礎科目における学習活動との関係- 情報コミュニケーション学会第25回研究会 2018年12月
5 大学初年次学生のメタ認知と学習活動 - 情報基礎科目における探索的検討 - 日本生産管理学会第48回全国大会 2018年09月
6 大学初年次学生のメタ認知測定の試み 教育システム情報学会第43回全国大会 2018年09月
7 MAI仮訳版を用いた大学初年次学生のメタ認知に関する意識調査の試み 日本経営工学会・日本生産管理学会 九州支部 平成30年度第2回研究会 2018年07月
8 成人用メタ認知尺度の検討および大学初年次学生を対象とした調査と傾向 第142回次世代大学教育研究会 2018年05月
9 成人用メタ認知尺度に関する検討 第24回大学教育研究フォーラム 2018年03月
10 相互評価を組み入れた学習課題による批判的思考力育成の可能性 情報コミュニケーション学会第15回全国大会 2018年03月
教育情報
2018年度 情報化の役割と課題 (2年後期(4セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
2018年度 社会生活における情報活用術 (その他¸週2コマ¸担当割合40.00%)
2018年度 情報と社会 (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合50.00%)
2018年度 情報の活用 (1年後期(2セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
2018年度 ソフトウェアの利用技術 (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
2018年度 情報基礎 (1年前期(1セメスター)¸週5コマ¸担当割合100.00%)
2017年度 情報化の役割と課題 (2年後期(4セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
2017年度 社会生活における情報活用術 (その他¸週2コマ¸担当割合40.00%)
2017年度 情報と社会 (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合50.00%)
2017年度 ソフトウェアの利用技術 (2年前期(3セメスター)¸週2コマ¸担当割合100.00%)
その他(自己PR)