研究者詳細情報
氏 名 中島 貴奈 ふりがな なかじま たかな
英文名 NAKAJIMA Takana 生年月
所 属 教育学部 国際文化
TEL FAX
職 名 准教授 学位・資格 修士(文学)(1999年03月)
中学校教諭1種免許(1997年03月)
高等学校教諭1種免許(1997年03月)
E-mail
Homepage
学歴 1997年00月 南山大学文学部国語国文学卒業
2002年03月 京都大学文学研究科国語学国文学博士課程単位取得満期退学
職歴 2002年04月~2002年10月 京都大学大学院文学研究科 研修員
2002年11月~2004年03月 京都大学大学院文学研究科 21世紀COEプログラム研究員
専門分野 日本文学(日本文学)、日本文学(日本漢文学)
加入学会 和漢比較文学会、長崎大学国語国文学会、九州中国学会、京都大学国語国文学会
受賞歴
各種審議会・委員会等
現在実施している
共同研究
技術指導分野
技術相談の分野
取り組みたい共同研究のテーマ
現在実施している
研究テーマ
日本近世における中国文学の受容
これまでの研究テーマ
主な著書・論文・作品等
1 「川合康三」「大谷雅夫」「長谷川千尋」「堂園淑子」「橋本正俊」「好川聡」「小山順子」「中島貴奈」「大槻信」ほか:京都大学蔵実隆自筆 和漢聯句訳注(共著)¸臨川書店¸2006年02月
2 『ふくらう』解題¸京都大学蔵 むろまちものがたり9¸2003年00月
3 中島貴奈:大田南畝の「瓊浦八景」について¸『国語と教育』¸41号95頁-¸2016年11月
4 若木太一,徐興慶,荒木龍太郎,劉序楓,原田博二,井上敏幸,錦織亮介,高山百合子,中尾友香梨,植松有希,松尾晋一,安高啓明,藪田貫,添田仁,中島貴奈,いしゐのぞむ,川平敏文,高橋昌彦,越中哲也,静永健,大庭卓也:明・清時代の長崎:支配の構図と文化の諸相(共著)¸勉誠出版¸2013年09月
5 中島貴奈:六如上人の「蛙」を詠じた詩について―宋詩受容と日本化―¸国語と教育¸33号40頁-49頁¸2008年12月
6 中島貴奈:六如と宋詩―「景」と「詩」、詩人の関係から―¸国文学解釈と鑑賞¸73巻10号79頁-87頁¸2008年10月
7 中島貴奈:「近世長崎における八景・十二景詩について」¸『国語と教育』¸32号69頁-76頁¸2007年11月
8 川田みゆき.中島貴奈:「「肥州嶋原八景」詩 注釈と解説」(共著)¸『国語と教育』¸31号¸2006年12月
9 中島貴奈:六如と陸游¸国語と教育¸0巻30号50頁-64頁¸2005年12月
10 中島貴奈:祇園南海「七家雪」考¸国語国文¸71巻8号1頁-16頁¸2002年08月
研究活動その他 2002年10月¸京都大学附属図書館公開展示会図録『学びの世界―中国文化と日本』
2006年08月¸書評「徳田武著『近世日中文人交流史の研究』」
2005年02月¸『新版 近世文学研究事典』
2012年08月¸書評 中尾友香梨著『江戸文人と明清楽』
主な特許など
学会発表等の状況
1 大田南畝の「瓊浦八景」について(その他) 長崎大学国語国文学会 2016年11月
2 大田南畝の長崎で詠んだ漢詩について 長崎大学国語国文学会 2011年12月
3 六如・棕隠の「わがともがら」意識について―宋詩との関わりを中心に― 和漢比較文学会第30回大会 2011年09月
4 江戸時代における陸游詩受容について―中後期を中心に 第5回日本漢学国際学術研討会 2008年03月
5 六如詩に見られる「狂」の表現をめぐって 和漢比較文学会台湾特別例会 2006年09月
6 六如と陸游―宋詩受容の一側面 第87回和漢比較文学会例会(西部) 2005年04月
教育情報
2017年度 漢文学(通論) (2年前期(3セメスター)¸週1コマ)
2012年度 小学校国語 (2年後期(4セメスター)¸週1コマ¸担当割合40.00%)
2012年度 漢文学ゼミナールⅡ (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2012年度 漢文学特論Ⅱ (MC1年後期(MC2セメスター)¸週1コマ)
2012年度 専門ゼミナール (1年後期(2セメスター)¸週1コマ¸担当割合35.00%)
2012年度 漢文学(宋~清代) (3年後期(6セメスター)¸週1コマ)
2012年度 小学校国語 (2年前期(3セメスター)¸担当割合40.00%)
2012年度 実践授業研究 (MC1年前期(MC1セメスター)¸週1コマ¸担当割合15.00%)
2012年度 漢文学(通論) (2年前期(3セメスター)¸週1コマ)
2012年度 漢文学(先秦~唐代) (3年前期(5セメスター)¸週1コマ)
その他(自己PR)